【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

エクセル統計 搭載機能

双対そうつい尺度法 : Dual Scaling

概要

双対尺度法は西里静彦が1982年に発表した分析法です。クロス集計表(分割表)で表される非計量的(質的)データを数量化し、解釈を容易にすることが目的です。

因子分析や数量化3類、コレスポンデンス分析と同様に複数の因子を抽出します。抽出される因子軸の数は、最大でも、「行数-1」か「列数-1」のどちらか少ない方となります。因子は寄与率の高いものから順に出力されます。各因子について行・列それぞれのカテゴリーの「最適重みベクトル」が計算されます。

処理対象データ

集計表形式

データサイズ範囲 処理対象データ
行数列数行数×列数数値文字列空白
3~3,000行 3~250列 10,000セル以下

※:…処理可、×…処理不可、…0として処理

集計表概要

双対尺度法
  • 負の数を含まないこと

出力内容

クロス集計表 データ入力範囲に指定したクロス集計表
各因子軸の解と検定 各因子の「相関比η2」、「寄与率」、「累積寄与率」、「カイ二乗値」、「自由度」、カイ二乗値の「P値」
最適重みベクトル:相関比による重み付けをしないもの 相関比による重み付けをしていない各因子軸の最適重みベクトル
最適重みベクトル:相関比による重み付けをしたもの 上記の最適重みベクトルに相関比を掛けた各因子軸の最適重みベクトル
【グラフ】第1軸×第2軸 第1軸と第2軸の最適重みベクトルを用いて作成したラベル付き散布図
双対尺度法 | 散布図「第1軸 × 第2軸」

参考文献

エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


集計表の作成と分析 その他の手法



多変量解析 その他の手法

搭載機能一覧に戻る