【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

エクセル統計 搭載機能

独立性の検定(クロス集計表のカイ二乗検定) : Chi-Square Test

概要

クロス集計表(分割表)の各行要素の度数の合計と各列要素の度数の合計による比率から、i行j列目の観測度数(Oij)とi行j列目のセルに期待される期待度数(Eij)が等しいかどうかを検定します。帰無仮説は「行要素と列要素は独立である」です。

「期待度数と観測度数が等しい」ということは、行要素と列要素の間に関連がなく独立した事象であるということであり、そのため「独立性の検定」と呼ばれます。独立性が棄却された場合、行要素と列要素の間に関連が存在することを示唆します。

分析例ファイルのダウンロード

独立性の検定を使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_04_CrossTab.xlsx

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

集計表形式

データサイズ範囲 処理対象データ
行数列数数値文字列空白
2~60行 2~60列

※:…処理可、×…処理不可、…0として処理

集計表概要

独立性の検定
  • 負の数を含まないこと
  • データは整数であること

出力内容

観測度数 データ入力範囲に指定されたクロス集計表
期待度数 行要素と列要素の合計から期待される度数が出力されます。期待度数が5未満のセルは赤字で、1未満のセルは赤字かつ太字で表示されます。
独立性の検定 「カイ二乗値」、「自由度」、「P値」。また、P値が0.05未満なら"*"、0.01未満なら"**"が出力されます。
Cramer’s V クラメールの連関係数が出力されます。2変数間の相関関係参照。
Yule’s Q ユールの連関係数が出力されます。2行×2列のクロス集計表の場合にのみ出力されます。
エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


集計表の作成と分析 その他の手法

搭載機能一覧に戻る