【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

エクセル統計 搭載機能

グッドマン=クラスカルのガンマ : Goodman-Kruskal's Gamma

概要

グッドマン=クラスカルのガンマは順序尺度データの相関と方向性を表す指標です。表頭と表側の変数が共に順序尺度のクロス集計表に対して、3種類の順位相関係数を計算します。クロス集計表上の順序カテゴリーの配置は、表頭を昇順にした場合は表側も昇順に、表頭を降順にした場合は表側も降順に並べておきます。

2ケース間の順序が一致する組の数をP、逆転している組の数をQとしたとき、グッドマン=クラスカルのガンマは、(P-Q)/(P+Q)となります。順位相関係数は-1から1までの値をとり、ピアソン積率相関係数と読み方は同じです。

2行×2列のクロス集計表から計算したグッドマン=クラスカルのガンマをユールのQ(Yule's Q)とも言います。

分析例ファイルのダウンロード

グッドマン=クラスカルのガンマを使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_04_CrossTab.xlsx

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

集計表形式

データサイズ範囲 処理対象データ
行数列数数値文字列空白
2~60行 2~60列

※:…処理可、×…処理不可、…0として処理

集計表概要

グッドマン=クラスカルのガンマ
  • 負の数を含まないこと
  • データは整数であること

出力内容

観測度数 データ入力範囲に指定されたクロス集計表
計算表 行と列の順序が一致する組み合わせ数Pと一致しない組み合わせ数Qを計算するための表
Goodman-Kruskal's gamma (P-Q)/(P+Q)の値
Kendall's tau-b ケンドールの順位相関係数タウb
Kendall's tau-c ケンドールの順位相関係数タウc

参考文献

エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


集計表の作成と分析 その他の手法

搭載機能一覧に戻る