BellCurve 統計WEB

ブログ

【新発売】統計検定2級 模擬問題集3

2018/10/11

カテゴリ:

一般財団法人 統計質保証推進協会が実施する統計検定の2級の模擬問題集 第2弾をAmazon kindleにて販売しました。

こちらの書籍は、統計検定2級受験者向けのやや難易度を上げた試験直前総仕上げ本です。模擬問題集1と同様に500円となっております。次の統計検定に向けてぜひご活用ください。

■目次

  • 問題[1] 散布図
  • 問題[2] 標準化と偏差値
  • 問題[3] ポアソン分布
  • 問題[4] ベイズの定理
  • 問題[5] 確率
  • 問題[6] 母平均の信頼区間
  • 問題[7] 移動平均と回帰分析
  • 問題[8] 標本の抽出法と2標本の母平均の検定
  • 問題[9] 実験計画法
  • 問題[10] 独立性の検定とイェーツの補正
  • 問題[11] 確率変数の期待値・分散・相関係数
  • 問題[12] フィッシャーの3原則

特徴1:本試験と同程度の問題数

筆記形式での統計検定2級本試験一回分程度の問題数であり、本試験の制限時間90分で解くことで試験対策として活用できます。

特徴2:問題ごとに復習しやすい構成

それぞれの問題には、『統計学の時間』の該当する単元へのリンクがあり、復習する際に便利です。

以下画像は問題集からの抜粋です。画像下部、「参考:4.箱ひげ図と幹葉表示」のテキストは『統計学の時間』へのリンクになっており、タップすることで問題に関連する単元の記事へジャンプします。わからなかった問題は、『統計学の時間』で復習しましょう。

既刊『統計検定2級 模擬問題集1』からの抜粋

特徴3:ていねいな解説

「既に分かっている人が読めば分かる解説」ではなく「分からない人が理解するために読む解説」となるよう、省略せずていねいに解説しています。

以下画像は問題集からの抜粋で、グラフを読み取る問題の解説です。この問題では文章だけでなくグラフを用いて、何に注目して考えればよいかを解説しています。(画像はタップして拡大できます)