BellCurve 統計WEB

ブログ

Excelによる箱ひげ図の作り方(統計グラ...

2018/02/13

カテゴリ:

Excel 2016のグラフを用いて箱ひげ図を作成する方法を紹介します。 概要 Excel 2016には、箱ひげ図を作成する機能が搭載されています。Excel 2013までは箱ひげ図の作り方(棒グラフ編)で紹介したように、棒グラフと誤差範囲のバーを組み合わせて箱ひげ図のように見せていました。 ここでは、Excel 2016を用いて箱ひげ図を作る方法と各オプション機能...

Excelによる正規分布曲線のグラフの作り方

2018/01/05

カテゴリ:

Excel のグラフを用いて正規分布曲線を作成する方法を紹介します。 概要 正規分布曲線は次の式で表されます。 \displaystyle f(x) = \frac{1}{\sqrt{2 \pi}\sigma} \exp \left( - \frac{(x- \mu)^2}{2 \sigma^2} \right) \hspace{5mm} (- \infty < x < \infty) ここで、$\mu$は平均、$\sigma$は標準偏差を表しています。($\mu$は「ミュー」、$\sigma...

Excelによるカイ二乗分布曲線のグラフの...

2018/01/05

カテゴリ:

Excel のグラフを用いてカイ二乗分布曲線を作成する方法を紹介します。 概要 自由度mのカイ二乗分布曲線は次の式で表されます。 \displaystyle f(m,x) = \frac{1}{2^{\frac{m}{2}} \Gamma \left( \frac{m}{2} \right)} x^{\frac{m}{2}-1} e^{- \frac{x}{2}} \hspace{5mm} (0 \leq x \leq \infty) カイ二乗分布曲線の形は自由度の値によって変わりま...

Excelによる縦方向の折れ線グラフの作り方

2018/01/05

カテゴリ:

Excel のグラフを用いて縦方向の折れ線グラフ(スネークチャート)を作成する方法を紹介します。 概要 Excel の通常の折れ線グラフは横方向ですが、ここでは横棒と散布図を利用して下図のような縦方向の折れ線グラフを作成します。手順は1から19まであります。 データの作成 1. 下図のデータは、56犬種の格付けを体型別に平均した結果です。この...

Excelによるラベル付き散布図の作り方

2018/01/05

カテゴリ:

Excel のグラフを用いてラベル付き散布図を作成する方法を紹介します。 概要 ラベル付き散布図は、各プロットに名前などのラベルを配置した散布図です。これから紹介する方法を用いて下図のようなラベル付き散布図を作成します。手順は1から8まであります。 データの作成 1. 下図のデータはアジア10ヶ国の人口と面積です。(出典:統計局ホームページ...

Excelによる人口ピラミッドグラフの作り方

2018/01/05

カテゴリ:

Excel のグラフを用いて人口ピラミッドグラフを作成する方法を紹介します。 概要 人口ピラミッドグラフは、各国の人口構成を表すのに用いられるグラフです。これから紹介する方法を用いて下図のような人口ピラミッドグラフを作成します。手順は1から15まであります。 データの作成 1. 下図のデータは、統計局ホームページ/人口推計に掲載されてい...

Excelによるヒストグラムの作り方

2018/01/05

カテゴリ:

Excel のグラフを用いてヒストグラムを作成する方法を紹介します。 概要 ヒストグラムとは、データの度数分布をグラフにしたものです。 データがどのような分布をしているかを知るためのもっとも簡便でわかりやすいグラフです。これから紹介する方法を用いて下図のようなヒストグラムを作成します。手順は1から17まであります。 度数分布表の作...

Excelによるエラーバー(高低線)付き折...

2018/01/05

カテゴリ:

Excel を用いてエラーバー(高低線)付き折れ線グラフを作成する方法を紹介します。 概要 Excel では「誤差範囲」の機能を用いて棒グラフや折れ線グラフにエラーバーを表示することができますが、このページでは、折れ線グラフでのみ利用できる「高低線」という機能を用いてエラーバーを表現します。「高低線」を用いることで少ない手順で作成でき、上下のエ...

Excelによるエラーバー(誤差範囲)付き...

2018/01/05

カテゴリ:

Excel を用いてエラーバー(誤差範囲)付き棒グラフを作成する方法を紹介します。 概要 論文などで棒グラフにエラーバーを付け加えたグラフをよく見かけます。このグラフは、棒グラフで平均値を、エラーバーで標準誤差や標準偏差、平均値の信頼区間などを表します。ここでは、平均値に標準誤差のエラーバーを付けた下図のようなグラフを作成します。手順は1か...

Excelによる正規確率プロットの作り方

2018/01/05

カテゴリ:

Excel のグラフを用いて正規確率プロットを作成する方法を紹介します。 概要 正規確率プロットは、データの分布が正規分布しているかどうかを目視で判断するためのグラフです。正規確率プロットには正規P-Pプロットと正規Q-Qプロットがあります。ここでは下図のような正規確率プロット(正規Q-Qプロット)を作成します。手順は1から8まであります。 ...

123