BellCurve 統計WEB

ブログ

2標本の母平均の差の区間推定における必...

2017/12/22

カテゴリ:

これから集める対応のない2つの標本において何らかの測定値の平均値を求めたとき、2つの標本平均の差がある程度の範囲内で収まるために必要なサンプルサイズ($n$)を、誤差、信頼度、標準偏差を指定することで求めることができます。ただし、2つの母集団の母分散は等しく、かつ2つの標本のサンプルサイズは等しい($n_1 = n_2 = n$)とします。 入力には半角数...

母平均の区間推定における必要なサンプ...

2017/12/19

カテゴリ:

これから集めるサンプルにおける何らかの測定値の平均値が、母集団のそれとあまり変わらないようにしたい場合、 サンプルの平均値がある程度の誤差範囲内で収まるために必要なサンプルサイズを、誤差、信頼度、標準偏差を指定することで求めることができます。 入力には半角数字を用いて、それぞれの範囲内の値で指定してください。入力した値によっては計算に...

母比率の区間推定における必要なサンプ...

2017/12/19

カテゴリ:

無限母集団から抽出したサンプルに含まれる、ある条件を満たす対象の比率(サンプル比率)が 母集団のそれと近い値であって欲しい場合、サンプル比率がある程度の誤差範囲内で 収まるために必要なサンプルサイズを、誤差、信頼度、母比率を指定することで求めることができます。 入力には半角数字を用いて、それぞれの範囲内の百分率で指定してください。 ...

母比率の差の検定の計算フォーム

2017/08/10

カテゴリ:

このページでは、データに対応がない場合と対応がある場合について、比率の差の検定を行うことができます。必要な数値を入力し、キーボードで[Enter]キーを押すと、結果が表示されます。 対応のないデータの場合 あるテレビ番組の視聴率を2つの地域で比較する場合など、2つの異なる標本に対し1つの項目の比率の差を検定します。 標本1標本2 n ...

m行n列クロス集計表の統計量の計算フォーム

2017/08/08

カテゴリ:

m行×n列のクロス集計表について、クロス集計表の行と列の関連の程度を表す統計量を計算します。クロス集計表の各セルに度数を入力後、[計算]ボタンを押してください。 負の値のセルが含まれる場合、統計量を計算できません。文字列のセルは0として扱います。合計が0の行や合計が0の列がある場合、カイ二乗値、ファイ係数、CramerのV、連関係数は計算できません...

2行2列クロス集計表の統計量の計算フォーム

2017/08/08

カテゴリ:

2行×2列のクロス集計表から求めることのできる統計量にはいろいろなものがあります。 入力フォームの合計以外の4つのセル(a、b、c、d)に度数を入力して[計算]ボタンを押すと計算結果のフォームに結果が表示されます。度数の合計が1万件以下の場合に結果を表示します。 【入力フォーム】 疾患 ありなし合計 検査陽性 a:真陽性 b...

1