BellCurve 統計WEB

ブログ

箱ひげ図自動作成Excelシート

2018/01/05

カテゴリ:

5ヶ所の数値を入力するだけで箱ひげ図が完成するExcel ファイルをダウンロードできます。縦方向の箱ひげ図と横方向の箱ひげ図の2つを一度に作成できます。

使用方法

1. Excel ファイルをダウンロードします。

ファイルのダウンロード → tips_22.xlsx

2. ダウンロードしたファイルを開きます。すでに4変数で箱ひげ図が作成されています。変数の数を変更する方法は「仕様」をご覧ください。

箱ひげ図自動作成Excel シート

3. 罫線で囲まれたセルに変数の名前、ひげの上端、箱の上端、箱の中央、箱の下端、ひげの下端の数値を入力します。手順は以上で終了です。

変数名と数値の入力

仕様

  • 数値はすべて正の値である必要があります。
  • ひげの数値がない場合は空欄としてください。
  • 外れ値には対応していません。
  • 変数の数を増やす場合、一番右以外の列を選択後、コピーしてそのまま同じ位置に挿入してください。
  • 変数の数を減らす場合、いずれかの列を選択後、削除してください。

※ 変数の数を増やした際に他の変数の箱と色が異なる不具合を修正しました(2015/1/20)。

ダウンロード

この統計TipのExcel ファイルのダウンロードはこちらから → tips_22.xlsx

このコンテンツは、Excel 2016を用いて作成しています。

関連記事

エクセル統計