BellCurve 統計WEB

ブログ

2行2列クロス集計表の統計量の計算フォーム

2017/08/08

カテゴリ:

2行×2列のクロス集計表から求めることのできる統計量にはいろいろなものがあります。

入力フォームの合計以外の4つのセル(a、b、c、d)に度数を入力して[計算]ボタンを押すと計算結果のフォームに結果が表示されます。度数の合計が1万件以下の場合に結果を表示します。

【入力フォーム】
疾患
ありなし合計
検査陽性 a:真陽性
b:偽陽性
r1:5
陰性 c:偽陰性
d:真陰性
r2:5
合計 c1:4 c2:6 sum:10
【計算結果】
自由度P値

ピアソンのカイ二乗

1

ピアソンのカイ二乗(イェーツの補正

1

尤度比カイ二乗

1

マンテル=ヘンツェルのカイ二乗

1

フィッシャーの正確検定(両側)

フィッシャーの正確検定(片側)

リスク比(RR) = (a/r1)/(c/r2)

オッズ比(OR) = (a/b)/(c/d)

感度 = a/c1

特異度 = d/c2

陽性尤度比(+LR) = 感度/(1-特異度)

陰性尤度比(-LR) = (1-感度)/特異度

コンティンジェンシー係数

ファイ係数(四分点相関係数)

ユールのQ

カッパ係数

関連リンク

エクセル統計を用いると、以上の統計量をローデータまたはクロス集計表から自動で計算することができます。