エクセル統計 搭載機能

クロス集計表の作成と分析 : Cross-Tabulation Table

概要

データベース全体を元データとする変数リストから層(任意)、表頭、表側に用いる変数を指定することでクロス集計表を作成することができます。表頭(ひょうとう)とは集計表の列の要素を、表側(ひょうそく)とは行の要素を指します。層に変数を指定した場合、3重クロス集計表を作成できます。

また、クロス集計表の作成に用いる変数の尺度水準や表の大きさに応じて、カイ二乗検定をはじめとする種々の統計量を出力することができます。

出力できる統計量

層の有無、表頭と表側の尺度水準、表頭と表側のカテゴリー数または階級数によって出力できる統計量が異なります。

下表の「尺度水準」 > 「層」の欄が「」となっている場合、3重クロス集計表の各層の集計表を対象に統計量が出力されます。「×」となっている場合、3重クロス集計表の各層の集計表を対象にその統計量を出力することはできません。

統計量尺度水準カテゴリー数・階級数
表頭表側表頭表側
カイ二乗Pearsonのカイ二乗名義
順序
間隔・比
名義
順序
間隔・比
残差分析
Yatesの補正×
尤度比
Mantel-Haenszel
名義ファイ係数名義
順序
間隔・比
名義
順序
間隔・比
Cramer's V
連関係数
Goodman-Kruskal's lambda
Goodman-Kruskal's tau
不確定性係数
順序Kendall's tau-b順序
間隔・比
順序
間隔・比
Kendall's tau-c
Goodman-Kruskal's gamma
Somers' D
Cochran-Armitage検定×名義
順序
間隔・比
2
累積カイ二乗検定
2×2精度名義
順序
間隔・比
名義
順序
間隔・比
22
誤分類率
感度
特異度
リスク比
オッズ比
NNT・NNH
陽性的中率
陰性的中率
絶対リスク減少
相対リスク減少
陽性尤度比
陰性尤度比
四分点相関係数
Yule's Q
Fisherの直接確率検定
McNemar検定×名義名義22
カッパ係数×名義以上名義以上同数同数
層調整
カイ二乗
相関統計量名義以上順序以上順序以上
ANOVA統計量名義以上順序以上
ANOVA統計量順序以上名義以上
一般連関統計量名義以上名義以上
Breslow-Dayのオッズ比の等質性の検定名義以上名義以上名義以上22
層調整済みオッズ比とリスク比の推定名義以上名義以上名義以上22

分析例ファイルのダウンロード

クロス集計表の作成と分析を使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_04_CrossTab.xlsx(477KB)

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

データベース形式

データサイズ範囲 処理対象データ
行数列数カテゴリー / 階級数値文字列空白
表頭 3~60,000行 1列 1~100
表側 3~60,000行 1列 1~100
3~60,000行 1列 1~100
度数※1 3~60,000行 1列

※:…処理可、×…処理不可、…欠損値として除く

※1:度数の和(データ件数の合計)が60,000 以下であること

出力内容

クロス集計表 層、表頭、表側の各カテゴリーまたは各階級を掛け合わせて該当する件数をまとめた表
特化係数 行単位でパーセントを計算した場合、列の合計のパーセントでその列の各セルのパーセントを割った値、または、列単位でパーセントを計算した場合、行の合計のパーセントでその行の各セルのパーセントを割った値が出力されます。
期待度数 行の合計や列の合計の比率から逆算して期待される各セルの度数
統計量 ダイアログで指定した統計量が出力されます。各統計量の詳細は統計WEBの統計用語集をご参照ください。
エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


集計表の作成と分析 その他の手法

搭載機能一覧に戻る