【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

エクセル統計 搭載機能

グッドマン=クラスカルのタウ : Goodman-Kruskal's Tau

概要

ある2つの変数が原因と結果の関係であると考えた場合、従属変数(結果側)の予測誤差が、独立変数(原因側)の情報を加えて予測したらどれくらい減少するかを表したものを、誤差減少率(PRE)と言います。グッドマン=クラスカルのタウとは、クロス集計表から求めた誤差減少率です。

各行や各列で1セルにしか度数が認められない場合にタウは1となり、独立変数の値によって従属変数の値を100%予測できます。各行または各列ですべて度数が同じ場合にタウは0となり、独立変数と従属変数は独立しており因果関係は認められません。

分析例ファイルのダウンロード

グッドマン=クラスカルのタウを使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_04_CrossTab.xlsx

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

集計表形式

データサイズ範囲 処理対象データ
行数列数数値文字列空白
2~60行 2~60列

※:…処理可、×…処理不可、…0として処理

集計表概要

グッドマン=クラスカルのタウ
  • 負の数を含まないこと
  • データは整数であること

出力内容

観測度数 データ入力範囲に指定されたクロス集計表
質的分散 行が従属変数の場合の各列の「質的分散」と、列が従属変数の場合の各行の「質的分散」が出力されます。
Goodman-Kruskal's tau 行が従属変数の場合と列が従属変数の場合の「Goodman-Kruskal's tau」が出力されます。

参考文献

エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


集計表の作成と分析 その他の手法

搭載機能一覧に戻る