BellCurve 統計WEB

【BellCurveシリーズ】 統計解析ソフト「エクセル統計」をAmazonにて好評発売中!

エクセル統計ジャケット画像 5%ポイント還元

■エクセル統計が選ばれている3つの理由

  • 1. Excel上のデータをそのまま分析できる
  • 2. オール・イン・ワンだから買い足し不要
  • 3. 使いやすさとコストパフォーマンスがNo.1

ブログ

幾つデータが必要か?―相関係数の有意性検定

2017/08/19

カテゴリ:

※コラム「統計備忘録」の記事一覧はこちら


相関係数の統計的有意性の検定は「無相関の検定」と呼ばれています。相関係数がゼロである(=無相関)ことを帰無仮説としていることからこの名前が付いています。この検定についても、必要なサンプルサイズ(n)をざっくり計算できます。式は次の通りです。

r は相関係数です。|r| は相関係数の絶対値を表します。

母相関係数が 0.4以上と想定している場合に、80%以上の確率で有意判定ができるような n を計算すると 24 になります。24組のデータが必要ということです。

統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]


【BellCurve監修】統計検定2級対策に最適な模擬問題集を各500円(税込)にて販売中!

Kindleストアで配信中