BellCurve 統計WEB

ブログ

ローレンツ曲線とジニ係数─エクセル統計による解析事例

2017/04/19

カテゴリ:

※ このコンテンツは「エクセル統計(BellCurve for Excel)」を用いた解析事例です。

分析データ

下図は、2009年の家計調査の結果です。このデータを用いて、世帯当たりの年間収入のローレンツ曲線を描き、ジニ係数を求めてみます。(出典:総務省 平成21年次家計調査)

世帯当たりの年間収入

ダイアログの設定

下図のように、セル「B2」を選択後、メニューより[エクセル統計]→[特殊なグラフ]→[ローレンツ曲線とジニ係数]を選択します。

データ範囲の先頭行を選択

ダイアログが表示される際、セル範囲「B2:B12」が[データ入力範囲]に自動で指定されます。[実データ または 階級平均値]を選択し、[OK]をクリックします。

[ローレンツ曲線]ダイアログ

ローレンツ曲線

ローレンツ曲線が出力されます。横軸は累積相対度数、縦軸はシェアを示します。

ローレンツ曲線

ローレンツ曲線から、全世帯のうち年収が少ない方の世帯80%の年収総額は、全世帯の年収総額の約60%であるといったことが見てとれます。

集中度の指標

集中度の指標が出力されます。ジニ係数は完全平等のときに0をとり、格差が進むと1に近づきます。その他、HHI(ハーフィンダール=ハーシュマン指数)やエントロピーも出力されます。

集中度の指標

グラフ用データ

ローレンツ曲線のグラフの元データが出力されます。

ローレンツ曲線データ

ダウンロード

この解析事例のExcel ファイルのダウンロードはこちらから → example_34.xlsx

このファイルは、エクセル統計の体験版に対応しています。

関連リンク