BellCurve 統計WEB

バナー広告掲載募集のお知らせ
バナー広告掲載募集のお知らせ

ブログ


アンケートの質問の順序―キャリーオーバー効果

2017/08/14

カテゴリ:

※コラム「統計備忘録」の記事一覧はこちら


アンケートを作るとき注意すべきものとして「キャリーオーバー効果」があります。

キャリーオーバー効果とは、前に置かれた質問が、後の質問の回答に影響を与えることです。キャリーオーバー効果を無くすことは不可能なので、影響を最小限に止めるようアンケートの質問の順序を考えなければいけません。

(1)重要な質問は前の方に

後になるほど効果が積み重なっていきますから、重要な質問は前の方に配置します。かといって冒頭で核心をつくような質問をしてしまうと、回答者が警戒したり、先入観を植えつけることになったりしますから、最初は答えやすい質問から始めます。

(2)因果関係が成り立つような質問同士では、結果を先に

質問A.「○○○は好きですか」
質問B.「○○○が▲▲▲であることを知っていますか」
Bを先に質問した場合、「▲▲▲」がポジティブかネガティブであるかで、Aの回答が変わってくると予想されます。この配置が意図的に行われているアンケートを時折目にしますが、このようなとき、私は本音よりも質問者の意図と逆を答えたくなります。

(3)センシティブな質問は最後に

個人のプライバシーに関わるような質問は匿名のアンケートであっても最後に置きます。ほとんどのアンケートで年齢や職業などの質問(このような個人属性についての質問が並んだシートをフェイスシートといいます)が最後にあるのはこのためです。

キャリーオーバーは質問項目間に限ったことではありません。アンケートには依頼の挨拶をつけるのが常識ですが、挨拶文に調査仮説(あるいは質問者の意図)を匂わせるような文章をいれてしまうのも厳禁です。タイトルの付け方も同様です。「血液型と性格についてのアンケート」の結果を正しく評価することはできないでしょう。



統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]


統計WEBを運営するBellCurveは、統計解析ソフト「エクセル統計」を開発・販売しています! 統計解析ソフト「エクセル統計」をインストール後のExcel上のタブとメニュー エクセル統計ジャケット画像


【BellCurve監修】統計検定®2級対策に最適な模擬問題集1~3を各500円(税込)にて販売中!

Kindleストアで配信中

統計検定®2級 模擬問題集1

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集2

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集3

500円(税込)


【PR】