BellCurve 統計WEB

初めての方限定!Amazonギフト券プレゼントキャンペーン
初めての方限定!Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

ブログ


川底がコンクリート

2017/08/13

カテゴリ:

※コラム「統計備忘録」の記事一覧はこちら


数年前の12月のこと、

「数量化2類の結果がおかしい。どうしてこんな分析結果になったのか教えてほしい」

という問い合わせを受けた。問い合わせの主は、卒論の締め切り間近の学生さんで、メールにはデータと分析結果のファイルが付いていた。

ある水棲昆虫について「環境の違いが棲息の有無にどう影響しているのか」を調べたものだ。数量化2類の結果では「川底がコンクリート」が棲息の第一条件になっていた。

この昆虫は、幼虫時代、川底の石の裏や砂利の中で過ごすし、自然の豊かさの象徴ともなっている。
データを見ても、「川底が石や砂利」で「棲息している」が69ケース、「川底がコンクリート」で「棲息している」が9ケースと圧倒的に違いがある。
なのに、「川底がコンクリート」が第一条件なのは「おかしい」というのが学生さんの主張だ。

早速、送られてきたデータをクロス集計してみると次の通り。

川底の違いによる棲息の有無
棲息の有無川底が石や砂利川底が
コンクリート
棲息している 699
棲息していない 291

「棲息しているケース数」の違いしか見ていなくて、「棲息率」の違いを見ていないということが直ぐに分かった。このデータから判断するなら「川底がコンクリートの棲息率(90%)」が、「川底が石や砂利の棲息率(70%)」よりも高い。

また、川底の違いによる棲息率のギャップ(20%)は、川のにごり具合など他の8つの環境要因のどれよりも大きかった。数量化2類の計算が正しいことも確認した。

ユーザーサポートとしては、棲息率の違いを指摘し、数量化2類に間違いが無いことを伝えるだけで良かったのだが、ついつい余計なことまでメールに書いてしまった。

 「あなたは棲息地を中心にデータを集めていませんか?」

この後のメールのやり取りについて、ここには書かない。
これは特別な例と思うかもしれないが、毎年、同じような問い合わせが何件かある。



統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]


統計WEBを運営するBellCurveは、統計解析ソフト「エクセル統計」を開発・販売しています! 統計解析ソフト「エクセル統計」をインストール後のExcel上のタブとメニュー エクセル統計ジャケット画像


【BellCurve監修】統計検定®2級対策に最適な模擬問題集1~3を各500円(税込)にて販売中!

Kindleストアで配信中

統計検定®2級 模擬問題集1

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集2

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集3

500円(税込)


【PR】