BellCurve 統計WEB

ブログ

縦方向の折れ線グラフ─エクセル統計による解析事例

2017/04/19

カテゴリ:

※ このコンテンツは「エクセル統計(BellCurve for Excel)」を用いた解析事例です。

分析データ

下図は、世界の統計2015を元に世界の主な国の教員一人あたりの生徒数を、「初等教育」、「前期中等教育」、「後期中等教育」ごとにまとめたものです(一部抜粋)。エクセル統計を用いて縦方向の折れ線グラフを作成し、国ごとの教員数の特徴について分析します。(出典:総務省統計局「世界の統計 2015」)

教員一人あたりの生徒数

ダイアログの設定

下図のように、セル範囲「A3:D3」を選択後、メニューより[エクセル統計]→[特殊なグラフ]→[縦方向の折れ線グラフ]を選択します。

データ範囲の先頭行を選択

「データ」タブ

ダイアログが表示される際、セル範囲「A3:D27」が[データ入力範囲]に自動で指定されます。

「データ」タブ

「出力先」タブ

[新規ワークシート]を選択し[OK]をクリックします。

「出力先」タブ

縦方向の折れ線グラフ

縦方向の折れ線グラフが出力されます。元データの右側にグラフを作成するためのダミーデータが出力されます。Excel の横棒グラフと散布図の複合グラフにより作成しています。

縦方向の折れ線グラフ

ダウンロード

この解析事例のExcel ファイルのダウンロードはこちらから → example_32.xlsx

このファイルは、エクセル統計の体験版に対応しています。

関連リンク