BellCurve 統計WEB

ブログ

層別の記述統計量・相関比─エクセル統計による解析事例

2017/04/19

カテゴリ:

※ このコンテンツは「エクセル統計(BellCurve for Excel)」を用いた解析事例です。

分析データ

下図のデータは、中学生41人の性別、クラブ活動の種類(文化部/運動部)、および9教科の成績です。

中学生の教科別成績データ

分析の目的

クラブ活動別の各教科の記述統計量とクラブ活動と各教科との相関比を求めます。

データラベルの選択

下図のように表の先頭行「D3:M3」を選択します。

データ範囲の先頭行を選択

メニューの選択

メニューより[エクセル統計]→[基本統計・相関]→[層別の記述統計量・相関比]を選択します。ダイアログが表示される際、セル範囲「E3:M44」が[データ入力範囲]に自動で指定されます。[層別要因]に「クラブ活動」を、[分析を行う変数]にそれ以外の変数を設定します。

ダイアログ[層別の記述統計量・相関比] - [変数]タブ1
ダイアログ[層別の記述統計量・相関比] - [変数]タブ2

オプションの設定

変数の設定が終わったら[統計量]タブを開きます。[サンプルサイズ]、[平均]、[標準偏差]、[最小]、[最大]、[相関比]にチェックを入れて[OK]をクリックします。

ダイアログ[層別の記述統計量・相関比] - [統計量]タブ

基本統計量

各教科のサンプルサイズ、平均、不偏分散、標準偏差が出力されます。

各教科の基本統計量1
各教科の基本統計量2

層別の記述統計量

クラブ活動のカテゴリー別で各教科のサンプルサイズ、平均、標準偏差、最小値、最大値が出力されます。

各教科の層別の記述統計量1
各教科の層別の記述統計量2

層別要因との相関比

クラブ活動と各教科との相関比η2、および相関比の無相関の検定結果が出力されます。

各教科と層別要因との相関比1
各教科と層別要因との相関比2

※ 掲載している画像は、エクセル統計による出力後に一部書式設定を行ったものです。

ダウンロード

この解析事例のExcel ファイルのダウンロードはこちらから → example_12.xlsx

このファイルは、エクセル統計の体験版に対応しています。

関連リンク