BellCurve 統計WEB

ブログ

ピラミッドグラフ─エクセル統計による解析事例

2017/04/19

カテゴリ:

※ このコンテンツは「エクセル統計(BellCurve for Excel)」を用いた解析事例です。

分析データ

下図は、5歳階級・男女別の日本の人口をまとめたデータです。エクセル統計を用いてピラミッドグラフを作成し、日本の人口構成の推移を分析します。(出典:総務省統計局「全国:年齢(5歳階級),男女別人口」及び「(参考表)全国人口の推移」)

5歳階級・男女別の日本の人口

ダイアログの設定

下図のように、セル範囲「A4:C4」を選択後、メニューより[エクセル統計]→[特殊なグラフ]→[ピラミッドグラフ]を選択します。

データ範囲の先頭行を選択

ダイアログが表示される際、セル範囲「A4:C25」が[データ入力範囲]に自動で指定されます。「表示単位」に「千人」と入力し[OK]をクリックします。

[ピラミッドグラフ]ダイアログ

ピラミッドグラフ

ピラミッドグラフが出力されます。

H26ピラミッドグラフ

グラフの比較

左側が平成26年のデータ、右側が平成7年のデータです。このように並べると、人口構成の推移がわかりやすくなります。

H26ピラミッドグラフ H7ピラミッドグラフ

ダウンロード

この解析事例のExcel ファイルのダウンロードはこちらから → example_36.xlsx

このファイルは、エクセル統計の体験版に対応しています。

関連リンク