【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

秀吉Dplus | データベースウィザード

ODBCを利用してSQL Serverからインポート

Microsoft(R) SQL Server で作成されたデータベースから情報をインポートする方法を説明します。

インポートの手順

  1. [ファイルナビ]から[データベースからのインポート]のボタンをクリックします。

  2. DSNの選択画面が表示されます。[ファイルDSN]、[システムDSN]、[ユーザーDSN]のいずれかをクリックし、[選択]ボタンをクリックしてください。

    AccessデータMicrosoft(R) Accessデータファイルを直接指定し、使用する
    ユーザーDSNユーザーアカウントごとに設定されたデータソースを使用する
    システムDSNPCに設定されているデータソースを使用する
    ファイルDSNファイルとして保存されているデータソースを使用する
  3. 対象のDSNを開きます。

    ※ユーザーDSN、システムDSN、ファイルDSNは事前に設定が完了している必要があります。

    ファイルDSNを選択した場合

    [ファイルを開く]ダイアログが表示されますので、利用するファイルDSNを選択して[開く]ボタンをクリックします。

    システムDSN、またはユーザーDSNを選択した場合

    [DSNの選択]ダイアログが表示され、登録されているDSNの一覧が表示されます。利用するDSNを選択して[接続]ボタンをクリックします。

    ※[ユーザー/パスワード]ウィンドウが表示されます。データベースにアクセスするためのユーザー名やパスワードが設定されている場合は、それぞれを入力して[OK]ボタンをクリックします。特に設定がない場合は、そのまま[OK]ボタンをクリックしてください。

  4. [データベースウィザード](DBWiz)が開き、接続したデータベースのテーブルが表示されます。必要なテーブルをクリックして選択すると、フィールド一覧にテーブルで登録されているフィールドが表示されます。

    項目のインポート設定

    フィールド一覧に表示された各フィールドの中から「秀吉Dplus」にインポートする項目をひとつずつ選択して[追加]ボタンをクリックします。この時点で項目タイプや項目名を変更することもできます。

データ形式と変換できる項目タイプ
データ型表示項目タイプ
バイト型BYTESA・MA・数量
整数型SMALLINTSA・MA・数量
長整数型INTEGERSA・MA・数量
単精度浮動小数点型REAL数量
倍精度浮動小数点型DOUBLE数量
レプリケーションID型GUID数量
十進型DECIMAL数量
テキスト型VARCHARSA・MA・数量・FA
メモ型LONGCHARSA・MA・数量・FA
日付型DATETIMEFA
通貨型CURRENCY数量・FA
Yes・No型BITSA・MA・数量

リレーショナルデータベースの連結を設定する

テーブル間の連結項目を設定します。複数のテーブルにまたがってデータを取得したい場合は、リレーショナルの設定を行う必要があります。3つのテーブルからデータを取得する場合は、最低2つ以上の関連項目を指定する必要があります。

※使用するテーブルが1つの場合は、設定の必要はありません。使用したいテーブルが2つなら、関連項目の指定は最低1つ以上必要になります。

例えば、[テーブル1]と[テーブル2]の関連付けと[テーブル1]と[テーブル3]、あるいは[テーブル2]と[テーブル3]の関連付けが必要になります。

抽出条件を指定する

ある項目の条件を満たすデータのみインポートするよう指定することができます。

抽出条件の設定画面

設定できる比較値

  • 等しい (=)
  • 等しくない (!=)
  • より小さいか等しい (<=)
  • より大きいか等しい (>=)
  • より小さい (<)
  • より大きい (>)
  • で始まる
  • で終わる
  • を含む
  • いずれかに一致
  • NULLである
  • NOT

データの並び順を入れ替えてインポートする

項目の値を並べ替えて(昇順・降順)からデータをインポートすることができます。

  1. [テスト]ボタンをクリックし、実際にインポートされるデータを確認することができます。

    [全データ]をチェックしていない場合は、最大で先頭から100件のデータを取得し、表示します。また、[全データ]チェックした場合は、該当する全件のデータを取得し表示します。

    ※全件のデータを表示すると、かなりの時間がかかる場合がありますので、ご注意ください。

    [全データ]のチェックをしていないとき

    データ取り込み確認画面(100件表示)

    [全データ]のチェックをしたとき

    全データのチェックをしたときの取り込み確認画面
  2. 確認したら[OK]ボタンをクリックしてインポートデータの読み込みを開始します。

    確認画面

  3. 完了すると、ファイル保存ダイアログが表示されますので、任意の名前を入力して保存します。

    ファイル保存画面

  4. これで「秀吉Dplus」で項目の設定からデータの入力までが終了した状態でファイルが保存されました。

    保存されたファイルを開いたところ

必要に応じて[クイック統計] [アンケート集計] [FAスコープ] [多変量解析] などの集計分析機能をご利用ください。

データベースウィザード目次

  1. 対応しているデータベースについて
  2. データベースウィザード(DBWiz)のウィンドウ構成
  3. インポートする前の準備 データソース(DSN)を作成する
  4. データベースからのインポートの基本操作
  5. Microsoft(R) Accessデータファイルからデータをインポートする
  6. ODBC(DSN)を利用してMicrosoft(R) Accessからデータをインポートする
  7. ODBC(DSN)を利用してMicrosoft(R) SQL Serverからデータをインポートする
  8. データソース(DSN)とは
  9. オプション

データベースウィザードへ

機能説明へ戻る