【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

秀吉Dplus | データベースウィザード

データソース(DSN)とは

DSNは、データベース接続を確立するために使用するショートカットのようなもので、通常データベースとの接続を確立させるためには、細かいパラメータなどを設定する必要があります。

ファイルDSNファイルとして保存されているデータソース
システムDSNPCに設定されているデータソース
ユーザーDSNユーザーアカウントごとに設定されたデータソース

データベースウィザード目次

  1. 対応しているデータベースについて
  2. データベースウィザード(DBWiz)のウィンドウ構成
  3. インポートする前の準備 データソース(DSN)を作成する
  4. データベースからのインポートの基本操作
  5. Microsoft(R) Accessデータファイルからデータをインポートする
  6. ODBC(DSN)を利用してMicrosoft(R) Accessからデータをインポートする
  7. ODBC(DSN)を利用してMicrosoft(R) SQL Serverからデータをインポートする
  8. データソース(DSN)とは
  9. オプション

データベースウィザードへ

機能説明へ戻る