※当面の間木曜日の商品出荷は休止させていただきます。2019/4/4 インポートする前の準備 | データベースウィザード | アンケート集計ソフト秀吉Dplus

秀吉Dplus | データベースウィザード

インポートする前の準備について

「秀吉Dplus」でデータベースからデータをインポートするためには、データベースに対応したODBCドライバがインストールされている必要があります。ODBCドライバのインストールに関しましては、御社データベース管理者にお聞きください

データベースにアクセスするためには、DSN(ユーザーDSN、システムDSN、ファイルDSN)が作成されている必要があります。ただし、Microsoft(R) Accessのデータファイルを利用する際は、DSNを作成しなくてもご利用いただけます

DSNの作成手順

  1. コントロールパネルを開きます。
  2. (カテゴリ表示の場合)[パフォーマンスとメンテナンス]-[管理ツール]をクリックします。 (クラシック表示の場合)[管理ツール]をクリックします。
  3. [データソース(ODBC)]をダブルクリックします。
  4. 「ODBCデータソース アドミニストレータ」が表示されます。

    ※32ビット版データソースをお使いください。

ユーザーDSNの場合

  1. 「ODBCデータソース アドミニストレータ」の[ユーザーDSN]タブを選択します。
  2. [追加]ボタンをクリックします。
  3. 「データソースの新規作成」で、利用するドライバを選択してください。 Microsoft(R) Accessの場合は、「Microsoft Access Driver (*.mdb)」を、 Microsoft(R) SQL Serverの場合は、「SQL Server」選択します。
  4. [完了]ボタンをクリックします。
  5. 新しいデータソースの名前に任意の名前を入力してください。
  6. データソースの説明に任意の説明を入力してください。
  7. (SQL Serverの場合)SQL Serverのサーバー名を入力してください。データベース管理者にお聞きください。 (Accessの場合)[選択]ボタンをクリックして、ODBCで接続するMicrosoft Accessデータファイルを指定してください。
  8. (SQL Serverの場合)その後の設定は、データベース管理者の指示に従ってください。

システムDSNの場合

  1. 「ODBCデータソース アドミニストレータ」の[システムDSN]タブを選択します。
  2. [追加]ボタンをクリックします。
  3. 「データソースの新規作成」で、利用するドライバを選択してください。 Microsoft(R) Accessの場合は、「Microsoft Access Driver (*.mdb)」を、 Microsoft(R) SQL Serverの場合は、「SQL Server」選択します。
  4. [完了]ボタンをクリックします。
  5. 新しいデータソースの名前に任意の名前を入力してください。
  6. データソースの説明に任意の説明を入力してください。
  7. (SQL Serverの場合)SQL Serverのサーバー名を入力してください。データベース管理者にお聞きください。 (Accessの場合)[選択]ボタンをクリックして、ODBCで接続するMicrosoft Accessデータファイルを指定してください。
  8. (SQL Serverの場合)その後の設定は、データベース管理者の指示に従ってください。

ファイルDSNの場合

  1. 「ODBCデータソース アドミニストレータ」の[ファイルDSN]タブを選択します。
  2. [データソースの場所]で、作成するデータソースの保存場所を指定します。
  3. [追加]ボタンをクリックします。
  4. 「データソースの新規作成」で、利用するドライバを選択してください。 Microsoft(R) Accessの場合は、「Microsoft Access Driver (*.mdb)」を、 Microsoft(R) SQL Serverの場合は、「SQL Server」選択します。
  5. [次へ]ボタンをクリックします。
  6. DSNを保存するファイル名を入力します。
  7. [次へ]ボタンをクリックします。
  8. 入力した内容を確認し、[完了]ボタンをクリックします。
  9. (SQL Serverの場合)データソースの説明とSQL Serverのサーバー名を入力してください。データベース管理者にお聞きください。 (Accessの場合)[選択]ボタンをクリックして、ODBCで接続するMicrosoft Accessデータファイルを指定してください。
  10. (SQL Serverの場合)その後の設定は、データベース管理者の指示に従ってください。

データベースウィザード目次

  1. 対応しているデータベースについて
  2. データベースウィザード(DBWiz)のウィンドウ構成
  3. インポートする前の準備 データソース(DSN)を作成する
  4. データベースからのインポートの基本操作
  5. Microsoft(R) Accessデータファイルからデータをインポートする
  6. ODBC(DSN)を利用してMicrosoft(R) Accessからデータをインポートする
  7. ODBC(DSN)を利用してMicrosoft(R) SQL Serverからデータをインポートする
  8. データソース(DSN)とは
  9. オプション

データベースウィザードへ

機能説明へ戻る