【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

秀吉Dplus | データベースウィーザード

インポートの基本操作

  1. [ファイルナビ]からのアイコンをクリックします。
  2. 使用するDSNやデータベースのファイルを選択します。
  3. [データベースウィザード]からインポートする項目や項目タイプ、リレーション、抽出条件などの設定をしてデータを読み込みます。
  4. 「秀吉Dplus」のファイルとして作成されたファイルを基に集計、解析します。

各データソース毎の詳しい手順はこちらへ

データベースウィザード目次

  1. 対応しているデータベースについて
  2. データベースウィザード(DBWiz)のウィンドウ構成
  3. インポートする前の準備 データソース(DSN)を作成する
  4. データベースからのインポートの基本操作
  5. Microsoft(R) Accessデータファイルからデータをインポートする
  6. ODBC(DSN)を利用してMicrosoft(R) Accessからデータをインポートする
  7. ODBC(DSN)を利用してMicrosoft(R) SQL Serverからデータをインポートする
  8. データソース(DSN)とは
  9. オプション

データベースウィザードへ

機能説明へ戻る