【お知らせ】木曜日は、商品の出荷と電話でのお問い合わせを休止しています(2019/4/4)詳細

秀吉Dplus | 多変量解析

多変量解析とは

世の中の現象は、いくつかの要因が複雑に絡み合ってできています。例えば、車を購入するときは、メーカー、性能、価格などいろいろな要素から購入する車種を限定します。一般的にこれらの要素のうち、何がどの程度重要であったかは、個別に意見を聞くだけではわからないものです。多変量解析は、このような隠れた意味を探るために考え出されたさまざまな手法の総称です。多変量解析の変量とは、これらの要因・要素を指し、「秀吉Dplus」では、項目として取り扱われます。

「秀吉Dplus」には、データを多変量解析によって分析するためのアプリケーション[多変量解析]が用意されています。[多変量解析]を使うと、実際の計算方法を知らなくても簡単に多変量解析を行うことができます。ただし、多変量解析の各手法の目的、手法に適したデータの構造、結果の見かたについてはよく理解したうえで利用してください。

多変量解析の手法や用語についての詳細

ここで取り上げた多変量解析の各手法・用語に関しては、「統計解説書」から引用した内容となっています。詳細については、Program Files>BellCurve DPLUS>Documentsの「統計解説書.PDF」ファイルををご参照下さい。

搭載している多変量解析一覧

  1. 多変量解析の起動
  2. 多変量解析のウィンドウ構成
  3. 判別分析
  4. 重回帰分析
  5. 相関分析
  6. 主成分分析
  7. 因子分析
  8. 数量化分析とは
  9. 数量化1類
  10. 数量化2類
  11. 数量化3類
  12. クラスター分析とは
  13. クラスター分析(凝集法)
  14. クラスター分析(k-means法)

多変量解析へ

機能説明へ戻る