【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

初開催!12月14日まで使えるエクセル統計を無料で配布!キャンペーン画像

初開催!12月14日まで使えるエクセル統計を無料で配布!キャンペーン画像

秀吉Dplus | 多変量解析

クラスター分析(凝集法)

階層的クラスターでは、サンプル間の距離がすべての組み合わせに対して測定され、距離の近いものからつぎつぎと統合されます。また、サンプルとサンプルが統合されたクラスターも新たなサンプルと考えられ、統合が行われるたびに距離が測定され、統合が繰り返されます。

その過程と結果は樹状図(デンドログラム)に示され、樹状図を見ながらクラスター数を決めることができます。ただし、階層的クラスターでは、計算量が多いため、サンプルサイズが大きいデータには適用できないという欠点があります。そのため、サンプルサイズが多いデータには非階層的クラスター(k-means法)を用います。

クラスター分析(凝集法)を行う

クラスター分析とは

  1. 分析ボタンの [クラスター分析 凝集法の実行]をクリックします。
  2. 分析項目を指定し、クラスター分析(凝集法)を実行します。

    項目リストから項目を選択し、説明変数へ追加します。[OK]ボタンをクリックし分析を実行します。

    クラスター分析(凝集法)の指定画面

    タイトルクラスター分析(凝集法)のタイトルを入力します。
    説明変数-数量項目項目リストから説明変数をボタンを押して選択します。 (250個までの指定ができます)
    分類リストから[個体分類]、[項目分類]のいずれかを選択します。
    距離計算リストから[ユークリッド汎距離]、[基準化ユークリッド距離]、[マハラノビスの距離]のいずれかを選択します。
    合併後の距離計算リストから[最短距離法]、[最長距離法]、[メディアン法]、[重心法]、[群平均法]、[ウォード法]のいずれかを選択します。
    抽出条件必要に応じて抽出条件リストから抽出条件を指定します。
  3. クラスター分析(凝集法)の結果が表示されます。

    クラスター分析(凝集法)出力結果

  4. 出力された分析結果を保存するには[保存の確認メッセージ]の[はい]をクリックします。

    メインメニューの[ファイル]→[分析結果の保存]からも実行できます。

  5. 保存先のフォルダとファイル名(拡張子.wan)を指定し[保存]をクリックします。
  6. データファイルにサンプル統計量を保存します。(固体分類のときのみ)

    保存するサンプル統計量をクリックしてチェックマークを付け、[保存する] をクリックします。データファイルサンプルスコアが追加保存されます。

    サンプル統計量を保存する必要のない場合は[保存しない]をクリックします。

    サンプル統計量の保存

搭載している多変量解析一覧

  1. 多変量解析の起動
  2. 多変量解析のウィンドウ構成
  3. 判別分析
  4. 重回帰分析
  5. 相関分析
  6. 主成分分析
  7. 因子分析
  8. 数量化分析とは
  9. 数量化1類
  10. 数量化2類
  11. 数量化3類
  12. クラスター分析とは
  13. クラスター分析(凝集法)
  14. クラスター分析(k-means法)

多変量解析へ

機能説明へ戻る