【お知らせ】すべての注文を一時的に停止しています。詳細

エクセル統計/エクセル統計2015 ユーザーサポート

よくあるご質問と回答

Q. アクティベーションができない / 体験版から製品版に切り替わらない

回答

11種類の対処法があります。情報システム担当者様または管理者様にご確認いただき、お試しください。

対処法をクリックすると、詳細が表示されます。

対処法1. 管理者権限で実行する
  1. 管理者権限(administrators)のあるユーザーアカウントでログインします。
  2. Excelを閉じている状態で、Windowsの[スタート]から、[すべてのプログラム]→[エクセル統計 (BellCurve for Excel)]→[エクセル統計 ライセンスアクティベーション]を右クリックし「管理者として実行」を選択します。
  3. ライセンスアクティベーションをお試しください。
対処法2. Internet Explorerのセキュリティ設定を一時的に変更する
  1. Internet Explorerを起動し、「インターネットオプション」を選択します。
  2. Windows10の場合、通常ブラウザにEdgeが設定されています。別途Internet Explorerを起動してください。不明の場合には、メニューの検索に[Internet Explorer]を入力すると出てきます。
  3. インターネットオプションを開く

  4. 「セキュリティ」タブの「インターネット」を選択します。このゾーンのセキュリティのレベルが「高」の場合、「中高」に設定します。
  5. [セキュリティ]タブを選択する

    セキュリティのレベルを「中高」に設定する

  6. [適用]ボタンをクリック後、「OK」ボタンをクリックします。
  7. 続いて、信頼済みサイトの設定を行います。「セキュリティ」タブの「信頼済みサイト」を選択します。 「保護モードを有効にする(Internet Explorer の再開が必要)」のチェックボックスのチェックが外れていることを確認します。
  8. [セキュリティ]タブを選択する

    信頼済みサイトを確認する

  9. [サイト]ボタンをクリックします。
  10. [サイト]をクリックする

  11. 「このWebサイトをゾーンに追加する」に「https://license.ssri.com/」と「https://reg31.smp.ne.jp」 を入力し、[追加]ボタンをクリックします。 Webサイト欄に追加されたら[閉じる]ボタンをクリックします。
  12. 信頼済みサイトを追加する

  13. Internet Explorerを閉じ、ライセンスアクティベーションをお試しください。

※ ライセンス認証キーが取得できた場合、Internet Explorerのセキュリティ設定は戻していただいて問題ありません。

対処法3. セキュリティソフトを一時停止する

セキュリティーソフトを一時停止した状態で、ライセンスアクティベーションをお試しください。

一時停止が難しく、ドメイン除外などの設定を行う場合には、「https://license.ssri.com/」と「https://reg31.smp.ne.jp」のURL配下のcgi,htmlを使用しますので、設定を行ってください。アクティベーション後に解除しても問題ございません。

対処法4. アクセス制限を確認する(学校、会社など組織ネットワークをご使用の場合)

ライセンスアクティベーションを行うには、Internet Explorerなどブラウザからではなく、 「エクセル統計 ライセンスアクティベーション」(ssricertify.exe)から https://license.ssri.com/へのアクセスが必要です。 「ssricertify.exe」が「https://license.ssri.com/」と「https://reg31.smp.ne.jp」へアクセスすることが制限されていないかご確認ください。

対処法5. 異なるインターネット回線を用いてアクティベーションを行う

エクセル統計をご使用になるPCは、現在接続している組織ネットワーク以外の方法でインターネットに接続することが可能かご確認ください。 もし可能でしたら別のネットワークからのアクティベーションをお試しください

※本対処法は、エクセル統計を利用するPCがノートPCなどの場合にお試しください。

対処法6. TLSを有効にする
  1. Excelを終了します。
  2. Internet Explorerを起動します。
  3. [ツール]→[インターネットオプション]を選択します。
  4. インターネットオプションを開く

  5. [詳細設定]タブの「設定」ウインドウの中から「セキュリティ」の部分にある「TLS1.1の使用」「TLS1.2の使用」の2つのチェックボックスをオンにします。
  6. [詳細設定]タブを選択する

    TLSを設定する

  7. [適用]ボタンをクリック後、[OK]ボタンをクリックします。
  8. Internet Explorerを終了します。
  9. ライセンスアクティベーションをお試しください。
対処法7. Windowsを更新する
対処法8. PCの日付を確認する

PCの時計から、年号や日付をご確認ください。 現在の日付と一致していない場合[コントロールパネル]→[時計、言語、および地域]→[日付と時刻の設定]から PCの時計を現在の日付に合わせてください。その後、ライセンスアクティベーションをお試しください。

対処法9. プロキシサーバーの設定を一時的に変更する
  1. Internet Explorer の[ツール]メニューの[インターネット オプション]をクリックします。
  2. インターネットオプションを開く

  3. [接続]タブをクリックし、[LANの設定]をクリックします。
  4. [接続]タブを選択する

    [LANの設定]をクリックする

  5. 「プロキシサーバー」の[LAN にプロキシサーバーを使用する(これらの設定はダイヤルアップまたは VPN 接続には適用されません)]チェック ボックスをオンにします。
  6. チェックボックスをオンする

  7. 「詳細設定」ボタンをクリックします。
  8. 「詳細設定」をクリックする

  9. 「例外」の「次で始まるアドレスにはプロキシを使用しない(N):」に「https://license.ssri.com/」と「https://reg31.smp.ne.jp」を入力し「OK」ボタンをクリックします。
  10. 例外覧を設定する

  11. [適用]ボタンをクリック後、[OK]ボタンをクリックします。
  12. Internet Explorerを終了します。
  13. ライセンスアクティベーションをお試しください。

※ ライセンス認証キーが取得できた場合、Internet Explorerのセキュリティ設定は戻していただいて問題ありません。

対処法10. 別のPCで動作をチェックする

別のPCにエクセル統計をインストールし、ライセンスアクティベーションをお試しください。 別のPCでは正常に実行できた場合、ネットワークやセキュリティ設定を比較し、正常に実行できた方のPCの環境に設定を合わせてください。 その後、ライセンスアクティベーションをお試しください。

対処法11. Windowsの再インストールを行う

ご使用のPCのWindowsを初期化、または再セットアップしてください。 その後、エクセル統計のインストールとライセンスアクティベーションをお試しください。

問題が解決しない場合

上記の対処法をお試しいただいても問題が解決しない場合、ユーザーサポートまでお問い合わせください。→ 問い合わせ方法を確認する

お問い合わせのさいには、プロキシサーバ使用の有無も合わせてお知らせください。

FAQ一覧(カテゴリー別)

エクセル統計の英語表記

マイページ

インストール

アクティベーション / ライセンス認証キーの取得

ライセンス認証キーの返却 / アンインストール

起動時の不具合

分析中のエラーメッセージ

エクセル統計の使い方

スライドによる説明 「エクセル統計の使い方(困ったとき編)」

エクセル統計の使い方(困ったとき編) from Social Survey Research Information Co., Ltd.