【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

統計WEB 年間2,000万PV記念!キャンペーン画像

統計WEB 年間2,000万PV記念!キャンペーン画像

秀吉Dplus | ホームマネージャー

NA(数量回答)項目作成の手順

NA(数量回答)とは

NAはNumerical Answerの略称。数値を回答します。数量や年齢、温度、時間などの間隔尺度を測定するときなどに用います。

その他の項目のプロパティ

NA(数量回答)項目の作成手順

※「秀吉Dplus」では数量項目をNAと表記いたします。アイコン表記もNを使用しています。

  1. 項目タイプを選択する

    [ホーム]タブのアイコンをクリックします。画面右側[プロパティウィンドウ]の領域にNAのプロパティが表示されます。

  2. 項目プロパティを設定する
    項目のプロパティ一覧
    項目名集計表などの項目名に利用されます。
    質問文調査票の質問文を記載できます。「管理費も含めた一カ月の家賃をお答え下さい」など。入力は任意で、集計表には反映されません。
    単位必要に応じて「センチ」「円」などの単位を入力します。[オート階級]を選択したとき、階級ラベルの自動生成に利用されます。
    入力上限値入力可能な数値に上限がある場合に設定します。
    小数部桁数小数部の桁数を0~5の範囲で設定します。ホームマネージャーのメインメニューの「設定」→「初期値」から新規作成時のデフォルトの小数点桁数を設定できます。
    条件限定項目を作成する場合には、リストから限定条件を選択します。既に作成済みの条件を使用する場合には、リストから選択し、新規で作成する場合には、条件作成ボタンを押します。ここから新規で作成された条件は、作成後、自動的にこの項目の限定条件として設定されます。
    階級数[マニュアル階級]のときのみ階級数を設定します。
    階級設定方法階級設定の方式を指定します。
    オート階級
    小数部桁数、入力されているデータの最小値と最大値、データ件数から階級を自動的に生成します。
    マニュアル階級
    任意に固定した階級を設定します。階級数、階級名。階級下限値の設定が必要になります。
    等分階級
    最大10階級で入力済みデータを値の昇順に並べて、各階級がほぼ等数になるよう、階級を設定します。この方式は、等分階級を指定時にのみ実行され、階級生成後は、自動的に「マニュアル階級」に方式が設定されます。※自動生成出来ないデータの場合には、オート階級になります。
    等間隔階級
    指定した数値の間隔で階級値を設定します。最小値から最大値まで指定した値の間隔で階級が設定されます。この方式は、等間隔階級を指定時にのみ実行され、階級生成後は、自動的に「マニュアル階級」に方式が設定されます。※自動生成出来ないデータの場合には、オート階級になります。
    階級名[マニュアル階級]のときのみ設定します。カテゴリ編集ウィンドウでも編集も可能です。
    階級下限値[マニュアル階級]のときのみ階級下限値は昇順に設定します。

    ※最小階級の下限値を下回るデータは、集計表では「不明」扱いになります。ご注意ください。

  3. 項目プロパティの設定を完了する

    プロパティの編集が済んだら、ツリービューの任意の箇所をクリックします。項目プロパティウィンドウは自動的に閉じ、編集された内容が保存されます。

新しい数量項目ができました

ホームマネージャー目次

  1. ホームマネージャーの起動
  2. ホームマネージャーのウィンドウ構成
  3. ホームマネージャーでの操作アイコンの説明
  4. 新規ファイルの作成と保存
  5. バックアップファイルの作成と利用
  6. 既存のファイルを開く
  7. 旧バージョンの秀吉形式でファイルを保存する方法
  8. 項目の作成
  9. 項目の編集
  10. 項目の移動
  11. 項目の削除
  12. カテゴリの編集
  13. 項目のコピーと貼り付け
  14. 項目情報のインポート
  15. Excelシートからのインポート/エクスポート
  16. 回答データ入力シート(セルとフォーム)
  17. 回答(サンプル)データを取り込む
  18. データチェックについて
  19. テキストファイルへ回答(サンプル)データを出力する
  20. 集計のための分析軸を設定する
  21. 集計のためのグループを作成する

ホームマネージャーへ戻る

機能説明へ戻る