【お知らせ】木曜日は、商品の出荷と電話でのお問い合わせを休止しています(2019/4/4)詳細

エクセル統計 搭載機能

乱塊法 : Random Block

概要

Fisherの三原則の「反復」と「無作為化」に加えて「局所管理」も盛り込んだ実験デザインのことを乱塊法といいます。比較したい条件を行う単位を「ブロック」と呼ぶとき、このブロックの中で条件をランダムに割り付けることを指します。

例えば、1日に3回の実験ができる工場で、比較したい処理がA、B、Cの3つあるとき、「日」をブロックとします。3日間実験を行う場合、第1日、第2日、第3日それぞれにおいてA、B、Cの処理1回ずつをランダムな順番で行います。

分析例ファイルのダウンロード

乱塊法を使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_05_ANOVA.xlsx

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

データベース形式

データサイズ範囲 処理対象データ
行数列数数値文字列空白
2~100行 1列 ×

※:…処理可、×…処理不可、…欠損値として除く

※:実験繰り返し数は100以下であること

出力内容

乱塊法と無作為抽出法による条件の割り付け結果が出力されます。

乱塊法 | 出力結果
エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


分散分析・多重比較 その他の手法

搭載機能一覧に戻る