【重要なお知らせ】新型コロナウイルス感染症対策のため一部業務を停止しています。詳細

エクセル統計 搭載機能

直交配列表の作成 : Design of Orthogonal Arrays

概要

複数の因子の要因効果を検定する場合、直交配列表を用いると少ない実験回数で要因効果を評価することができます。当手法では、最大15変数・6水準のデータからL36までの直交配列表を作成することができます。変数や水準の組み合わせによっては、直交配列表を作成できない場合もあります。

分析例ファイルのダウンロード

直交配列表の作成を使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_05_ANOVA.xlsx

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

データベース形式

データサイズ範囲 処理対象データ
行数列数数値文字列空白
3~7行 2~15列 ×

※:…処理可、×…処理不可、…欠損値として除く

出力内容

変数の個数と水準数に応じた直交配列表(数字のみ、水準名入り)が出力されます。

直交配列表の作成 | 出力結果
エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


分散分析・多重比較 その他の手法

搭載機能一覧に戻る