【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

秀吉Dplus | テーブルビルダー

母集団サイズ(2次元)

一つの層に対して母集団拡大集計を行うのではなく、二つの層の組み合わせ毎に詳細に母集団拡大集計をしようとするのが、「母集団指定(2次元)」です。「ウェイト(2次元)」と違い、むこうはウェイトを入力しますが、こちらでは母集団のサイズを直接入力します。

母集団拡大集計(ウェイトバック集計)について

母集団サイズ(2次元)作成の手順

以下のようなアンケート結果があったとします。この母集団は各年代の比率が同じで、男女の比率も同じようなものでした。

男性女性
20代120120
30代4020
40代120120
50代120120

しかし30代のサンプルサイズが少なく、男女のバランスも悪い結果になっています。そこで各データの母集団数を登録して、母集団拡大集計を行います。ウェイトは自動で計算されます。

男性女性
20代240240
30代240240
40代240240
50代240240

母集団サイズ(2次元)の手順

ここからは「顧客データ」というファイルのSA項目の「年代」と「性別」に対してのウェイトテーブルを作ります。男女比が同じで、年代は20代が多く、40代50代になるにつれ少なくなっていくという割合です。

  1. テーブルビルダーを開きます。
  2. 作成方法で「母集団指定(2次元)」を選択します。
  3. 項目リストで変換するSAの組み合わせを選択します。チェックをいれると、まず左の項目情報に空白のフォームができます。
  4. さらにリストにもう一つチェックをいれると、左のフォームにチェックを入れた項目のクロス表が表示されます。
  5. 選択項目の変換値には母集団サイズをそのまま入力します。この項目の母集団数は以下のとおりだとします。
  6. 男性女性
    10代100100
    20代180180
    30代140140
    40代6060
    50代2020

    上の母集団数をそのまま選択項目のフォームに入力します。

  7. ウェイトは自動で計算されます。ウェイトの式は以下のようになります。
  8. [OK]ボタンを押して、新規テーブルを作成します。テーブル定義で変換された項目が、自動で作成されます。変換された項目のデータはただのウェイトなので、通常の項目として集計などには使用しません。

母集団拡大集計(ウェイトバック集計)を行う

上記で設定したウェイトは、秀吉の集計機能「アンケート集計」の「単純集計」「クロス集計」「度数分布表」「平均値比較」のいずれにでも利用できます。上の図はクロス表で母集団指定2次を使っていますが、「単純集計」度数分布表」「平均値比較」といった他の集計でも母集団指定2次の項目を設定できます。

母集団拡大集計(ウェイトバック集計)をしていない集計

以下の図が母集団拡大集計をしていない集計です。

母集団拡大集計(ウェイトバック集計)を行った集計

母集団拡大集計を行ったものが以下の図です。男女の比率がこの表では半々に修正され、各年代のサンプルサイズが入力した母集団の数になっています。

その他テーブルの種類

  1. SAのカテゴリ統合
  2. SAをMAへ変換(複数の2択SAをMAへ)
  3. SAをMAへ変換(SA積み上げ→MA)
  4. SAを数量へ変換
  5. 数量をSAへ変換
  6. MAのカテゴリ統合AND条件
  7. MAのカテゴリ統合OR条件
  8. FAをSAへ変換
  9. FAをMAへ変換
  10. 項目の結合
  11. 項目のクロス
  12. ウェイト1次
  13. ウェイト2次
  14. 母集団サイズ(1次元)
  15. 母集団サイズ(2次元)

テーブルビルダーへ

機能説明へ戻る