【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

秀吉Dplus | テーブルビルダー

テーブルビルダーとは

秀吉Dplusにおける「テーブル」とは、既に入力したデータを加工して別の切り口で集計できるようにする便利な機能です。また「テーブル」項目を作成するツールをテーブルビルダーと呼んでいます。

この「テーブル」では、データを変換するときの規則の対応表を登録(作成)するため、変換規則に基づきデータが自動的に計算され、元のデータを変更することなく異なる集計が可能になります。こうした加工機能は、表計算ソフトではかんたんにできない、集計専用ソフトならではの便利な機能と言えます。

テーブルの作成、設定機能

「テーブル」で登録可能な変換規則は、回答数が少ないカテゴリ同士を統合したり、2つ以上の項目カテゴリを結合して1つの項目にするなど、「多対1」、「1対1」の対応があるものに限られます。

テーブルの名称と機能一覧

SA(単回答)のカテゴリ統合 サンプルの少ないカテゴリ(選択肢)を統合したり、カテゴリの順番を変更します。
SAをMAへ変換(複数の2択SAをMAへ) 「はい」「いいえ」など2つのカテゴリ(選択肢)しか持たない複数のSA(単回答)を1つのMA(複数回答)へと変換します。
SAをMAへ変換(SA積み上げ→MA) 同一カテゴリ(選択肢)のSA(単回答)をMA(複数回答)に変換します。
SAを数量へ変換 年齢などのSA(単回答)のカテゴリを数値に変換します。
数量をSAへ変換 数量の区切り方(階級値)を設定してSA(単回答)へ変換します。
MAのカテゴリ統合AND条件 MA(複数回答)のカテゴリ(選択肢)を統合します。統合するカテゴリを全て選択しているデータだけ統合後のカテゴリにカウントされます。(AND条件)
MAのカテゴリ統合OR条件 MA(複数回答)のカテゴリ(選択肢)を統合します。統合するカテゴリのうち一つでも選択していたら、統合後のカテゴリにカウントされます。(OR条件)
FA(自由回答)をSAへ変換 任意のキーワードを設定し、それが含まれている自由回答をSA(単回答)へ振り分けて変換します。
FA(自由回答)をMAへ変換 任意のキーワードを設定し、それが含まれている自由回答をMA(複数回答)へ振り分けて変換します。
項目の結合 複数のSA(単回答),MA(複数回答)のカテゴリ(選択肢)を混在させて、一つの項目を作成します。
項目のクロス 2つの項目のカテゴリを掛け合わせて、より細かな分類を作成します。
母集団拡大集計(ウェイトバック集計)を行うため回答者の属性毎にウェイトを設定できます。「ウェイト」が各属性のウエイト値を直接設定するのに対して、「母集団サイズ」は各属性の母集団のサイズを設定します。

母集団拡大集計(ウェイトバック集計)を行う

その他テーブルの種類

  1. SAのカテゴリ統合
  2. SAをMAへ変換(複数の2択SAをMAへ)
  3. SAをMAへ変換(SA積み上げ→MA)
  4. SAを数量へ変換
  5. 数量をSAへ変換
  6. MAのカテゴリ統合AND条件
  7. MAのカテゴリ統合OR条件
  8. FAをSAへ変換
  9. FAをMAへ変換
  10. 項目の結合
  11. 項目のクロス
  12. ウェイト1次
  13. ウェイト2次
  14. 母集団サイズ(1次元)
  15. 母集団サイズ(2次元)

テーブルビルダーへ

機能説明へ戻る