【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

秀吉Dplus | テーブルビルダー

SAをMAへ変換(複数の2択SAをMAへ)

回答の選択肢が「はい・いいえ」「あり・なし」など2つのカテゴリ(選択肢)しか持たない同系統の質問のSA(単回答/シングルアンサー)が複数あり、それを1つのMA(複数回答/マルティプルアンサー)へとまとめたい。このような場合には「SAをMAへ変換(2択項目→MA)」のテーブルを作成します。

SA 犬が好きですか?

1.はい 2.いいえ

SA 猫が好きですか?

1.はい 2.いいえ

SA 猿が好きですか?

1.はい 2.いいえ

SA 鳥が好きですか?

1.はい 2.いいえ

上記4つのSA(単回答/シングルアンサー)を1つのMA(複数回答/マルティプルアンサー)に変換します。

加工済み質問項目:MA この中から好きな動物をいくつでも選んでください

1.犬 2.猫 3.猿 4.鳥

手順概要

  1. 既存の秀吉Dplusファイルを開きます
  2. メニューアイコンからテービルビルダーを開きます
  3. 作成方法からSAをMAへ変換(複数の2択SAをMAへ)を選択します
  4. 項目リストから変換する項目を選択してOKボタンを押します
  5. テーブル変換後の例

手順1 加工したいファイルを開く

今回は「動物に関するアンケート」というアンケートを想定しました。この中の「犬が好き」「猫が好き」「猿が好き」「鳥が好き」という4つのSA(単回答/シングルアンサー)をMA(複数回答/マルティプルアンサー)に変換します。すべてカテゴリは「はい」と「いいえ」の2つというSAです。

手順2 テービルビルダーを開く

メニューアイコン「テーブルビルダー」テービルビルダーアイコンを選択するか、メニューバーの「ビルダー」から「テーブル」を選択します。

手順3 SAをMAへ変換(2択項目→MA)を選択

作成方法のドロップダウンから「SAをMAへ変換(複数の2択SAをMAへ)」を選択すると「項目リスト」に変換できる項目が表示されます。

テービルビルダー

作成するテーブル名を入力します。

項目リストとカテゴリ名が表示される

手順4 項目を選択

まとめたいSA項目にチェックを入れると、選択項目のリストに追加されます。チェックした順で変換値が設定され、この変換値(1、2、3、4)が新たなMAでのカテゴリナンバーとなります。確認したらOKボタンを押します。

項目リストにチェックを入れる

手順5 MAへ変換した項目の例

テーブル定義で変換された項目が、自動で作成されます。また「テーブル」フォルダの下にも今回作成したテーブルが作られています。SAの項目名がテーブルで作られたMAのカテゴリ名になります。

ホームマネージャで確認

変換されたデータをセルシートで確認すると次のようになっています。元のSAの回答がすべて「2.いいえ」だった場合には、MAの回答は無回答「-」(ハイフン)になります。

2択SAをMAへセルシートで確認

その他テーブルの種類

  1. SAのカテゴリ統合
  2. SAをMAへ変換(複数の2択SAをMAへ)
  3. SAをMAへ変換(SA積み上げ→MA)
  4. SAを数量へ変換
  5. 数量をSAへ変換
  6. MAのカテゴリ統合AND条件
  7. MAのカテゴリ統合OR条件
  8. FAをSAへ変換
  9. FAをMAへ変換
  10. 項目の結合
  11. 項目のクロス
  12. ウェイト1次
  13. ウェイト2次
  14. 母集団サイズ(1次元)
  15. 母集団サイズ(2次元)

テーブルビルダーへ

機能説明へ戻る