【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

初開催!12月14日まで使えるエクセル統計を無料で配布!キャンペーン画像

初開催!12月14日まで使えるエクセル統計を無料で配布!キャンペーン画像

エクセル統計 搭載機能

幹葉みきは表示 : Stem and Leaf Displays

先頭行のラベルを除いたセル範囲について、行数と列数の上限、扱えるデータの種類は次の通りです。

概要

量的データの幹葉表示を作成します。幹葉表示(Stem and Leaf Display)は、データの分布をグラフに表したもので、Tukeyが提唱した探索的データ分析(EDA)を代表する手法の1つです。幹葉図とも言います。

グラフは幹と葉により構成され、いずれも数値によって表現されます。幹の数値は定規の目盛数値に相当します。個々のデータは幹に対して垂直に連なる1桁の数字群となります。

分析例ファイルのダウンロード

幹葉表示を使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_01_Basic.xlsx

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

「データベース形式」のデータを計算することができます。

データベース形式のレイアウト例

  • 先頭行を変数のラベルとして扱います。
  • 2行目以降を各変数の観測値として計算に用います。
  • 列ごとに欠損値を除いて計算を行います。

先頭行のラベルを除いたセル範囲について、行数と列数の上限、扱えるデータの種類は次の通りです。

データサイズ

  • 行数3~10,000行
  • 列数1~100列

データ内容

  • 数値○:処理可
  • 文字列欠損値として除く
  • 空白欠損値として除く

出力内容

基本統計量 「サンプルサイズ」、「平均」、「不偏分散」、「標準偏差」、「最小値」、「中央値」、「最大値」
幹葉表示 「幹の桁」、「幹の幅」、各「幹の度数」、「葉の値」が出力されます。葉の値はすべての値がセルに出力されます。
幹葉表示

参考文献

エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。

基本統計・相関 その他の手法

搭載機能一覧に戻る