※当面の間木曜日の商品出荷は休止させていただきます。2019/4/4 外れ値検定 | 統計解析ソフト エクセル統計

エクセル統計 搭載機能

外れ値検定 : Test for Outliers

概要

外れ値検定とは、データから外れ値を除くための手法です。本製品では、スミルノフ=グラブス検定、トンプソンの棄却検定、増山の棄却検定、ディクソンの棄却検定を用いています。この方法では、平均値からのずれを標準偏差で割った値を元に、外れが大きいものから順に外れ値を除いていきます。1回の検定で1つの外れ値を除き、外れ値がなくなるまで検定を繰り返します。

分析例ファイルのダウンロード

外れ値検定を使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_01_Basic.xlsx(618KB)

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

「データベース形式」のデータを計算することができます。

データベース形式のレイアウト例

  • 先頭行を変数のラベルとして扱います。
  • 2行目以降を各変数の観測値として計算に用います。
  • 列ごとに欠損値を除いて計算を行います。

先頭行のラベルを除いたセル範囲について、行数と列数の上限、扱えるデータの種類は次の通りです。

データサイズ

  • 行数3~60,000行
  • 列数1~100列

データ内容

  • 数値○:処理可
  • 文字列欠損値として除く
  • 空白欠損値として除く

出力内容

データ 「データNo.」、「元データ」、「除外済データ(元データから外れ値を除いたデータ)」、「外れ値」
有意水準 ダイアログで設定した有意水準の値が出力されます。
要約 「元データ数」、「除外済データ数」、「外れ値のデータ数」
検定過程 ダイアログで選択した手法に基づく外れ値検定を、外れ値が検出されなくなるまで繰り返した結果が出力されます。「サンプルサイズ」、「平均」、「不偏分散」、「標準偏差」、「外れ値(最小値)」、「外れ値(最大値)」、「外れ値No.」、「P 値」、「検定結果」、「対立仮説」が出力されます。
※「方法」で「Smirnov-Grubbs」、「Thompson」、「Masuyama」を選んだ場合に出力されます。

参考文献

  • Katsumi kobayashi, L. Sadasivan Pillai,A Handbook of Applied Statistics in Pharmacology,CRC Press, 2012.
  • 竹内文彦,井川俊彦, "パソコンによる医学統計入門", 朝倉書店, 1989.
エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。

基本統計・相関 その他の手法

搭載機能一覧に戻る