※当面の間木曜日の商品出荷は休止させていただきます。2019/4/4 アンケート集計までの流れ | アンケート集計ソフト秀吉Dplus

秀吉Dplus | 初めに

アンケート集計までの作業の流れ

インストールが完了し、秀吉Dplusを初めてお使いになる方は、ファーストステップガイド(dplus_firststepguide.pdf)を最初にお読みください。ファーストステップガイドは、セットアップガイドと異なり、セットアップ後の集計までの手順が記載されているPDFファイルです。

dplus_firststepguide.pdfは、プログラムのインストール時に指定したインストール先フォルダ「C:¥Program Files (x86)¥BellCurve DPLUSs¥documents」に収録されています。

ファーストステップガイドでは、サンプルファイル「rentalhouse.wdf」「賃貸住宅に関するアンケート」(項目と回答が入力済み)を用いて基本的な使い方を解説しています。ここでは、秀吉Dplusでデータを準備して、集計、結果を出力するまでの基本的な作業の流れを説明します。操作の詳細については個々の操作のヘルプを参考にしてください。

作業の流れ

  1. 作業に始めるにあたり、まず最初にファイル(拡張子:wdf)を作り保存します。

    新規ファイルの作成と保存

  2. すべての質問をファイルに項目登録します。回答のし方により、SA、MA、数量、FAの4タイプの項目があります。 SA、MAは選択肢のカテゴリ名も登録します。

    質問項目の作成

  3. 前問の回答により回答できる人が限定される項目は、条件ビルダーを用いてろ過条件を作成します。続けて「ろ過条件」を限定項目の条件属性に設定します。

    条件ビルダー、→項目プロパティの編集

  4. メニューの[セル]アイコンをクリックしてセルシートを開きデータを入力します。セルシートには他のスプレッドシートからのデータを貼りつけることもできます。

    回答データ入力、→Excelからデータを取りこむ

  5. 郵送調査など手書きアンケートのデータを入力している場合は、入力データに間違いがないかチェックします。

    データチェックについて

  6. メニューの[アンケート集計]アイコンをクリックします。単純集計、クロス集計など4種類の集計方法を選べます。全項目を一括して集計する機能もあります。

    アンケート集計

  7. [アンケート集計]で行った集計結果を、集計表やグラフの形式で、Excelに出力します。

    Excelへ結果を出力

秀吉Dplusにはアンケート集計のほかにも、「クイック統計」、「多変量解析」、「FAスコープ」の3つのデータ分析機能があります。いずれも、ホームマネージャーの分析アイコンをクリックして機能を呼び出すことができます。

「初めに」の他のページへ

  1. 秀吉Dplusの構成
  2. 作業の流れ
  3. アンケート集計までの流れ
  4. データベースから情報をインポートする方法
  5. ライセンスアクティベーションについて
  6. インターネットアップデートについて