【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

秀吉Dplus|条件ビルダー

条件ビルダーとは

秀吉Dplusで、条件オブジェクトを作成したり、既存の条件オブジェクトを編集したりする機能を「条件ビルダー」と呼びます。

「条件オブジェクト」とは、秀吉Dplusのデータファイル・オブジェクトの一つです。条件オブジェクトには次の3つの役割があります。

  • 1.特定のケースを抽出して集計や分析をするときの抽出条件として使用。
  • 2.「前問で○○を選択された方のみお答えください」というように、質問の回答者を限定するときの限定条件として使用。限定条件が設定された項目は、限定条件によるデータの入力制御やチェックを行えます。集計時には特に抽出条件を指定しなくとも該当者のみを自動的に集計対象とします。
  • 3.条件に該当するか、非該当かでデータを2つ分類する条件データの項目(SA)を作成するための分類条件として使用。

条件を作成・編集する

新たに条件オブジェクトを作成するときは、[ビルダー]の[条件の作成]をクリックするか、メニューバーの[作成]を選択します。条件ビルダーのウィンドウが立ち上がり条件オブジェクトが作成でします。

条件オブジェクトに含まれている条件は、1つ以上の条件文から構成されます。最大10個までの条件文を登録できます。条件文の書式は項目タイプにより異なります。2つ以上の条件文がある場合、条件文同士の関係は「AND(かつ)」あるいは「OR(または)」で結ばれます。

条件オブジェクトを作成するとツリービューに条件オブジェクトが表示されます。条件を変更したいときは、ツリービューの条件オブジェクトを選択し、右クリックメニューから[編集]を選んでください

設定できる条件の種類

  1. SA(単回答)、MA(複数回答)の条件作成・設定
  2. 数量項目の条件作成・設定
  3. FA(自由回答)の条件作成・設定
  4. AND条件・OR条件を作成
  5. 条件を変更・削除する

条件ビルダーへ

機能説明へ戻る