【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

秀吉Dplus|条件ビルダー

SA(単回答)、MA(複数回答)による条件の作成・設定

SA(単回答)MA(複数回答)のようにカテゴリ(選択肢)回答形の項目データを比較対象とするときの条件文を作成します。ここでは、以下の質問項目を例に条件を作成します。

※ここではサンプルファイルの「賃貸住宅について」のアンケートを使用しています。

「Q4の自動車の保有にはいと回答した人」という限定条件を作成する

Q4.四輪自動車をお持ちですか

1.  はい     2.  いいえ

Q5.[Q4]で [1. はい]とお答えになった方にのみお伺いします。同一の敷地内に駐車場はありますか?

1.  はい   2.  いいえ

  1. [ホーム]タブの[条件]をクリックして条件ビルダーを開きます。
  2. [項目リスト]に設定した項目が表示されますので、条件の元となる項目(この場合は自動車の保有)を選択します。
  3. 比較するカテゴリ(比較値)を比較の方法を選択します。

    例:自動車の保有 → はい → である

  4. [追加]ボタンをクリックして[条件リスト]に条件の名前を入力して[OK]ボタンをクリックします。

条件ビルダー画面

SAとMAでの比較方法と意味

である選択したカテゴリと全く同じ回答のみ、該当します。MAの場合でも、全く同一の回答のみを指します。そのカテゴリを含む回答を抽出したい場合は、「のいずれか」を選択します。
でない選択したカテゴリ以外の回答すべてが該当します。
のいずれか複数選択したカテゴリのどれかを回答したものが該当します。
のいずれでもない複数選択したカテゴリ以外を回答したものが該当します。

複数の条件文

以上のように1つの条件の比較方法で抽出するだけでなく、複数の条件を作成し「AND条件」や「OR条件」で結び利用することができます。

作成した限定条件を項目に設定する

  1. [ホームマネージャー]のツリービューで限定条件をつける項目(この場合は駐車場の有無)を選択します。
  2. 選択した項目のプロパティで[条件]ドロップダウンで作成した条件(この場合は自動車の保有条件)を選択します。
  3. ツリービューの[駐車場の有無]の項目に「自動車を持っていると答えた人のみ回答する」という条件が付帯されます。これにより、条件を満たさない回答データ(非該当サンプルの回答と該当サンプルの無回答)をチェックすることが可能になります。

ツリービューに限定条件を設定

抽出条件として利用する

作成した条件は、ツリービューに条件項目として設定されます。集計の際の抽出条件として利用することもできます。

ツリービューで条件を確認

設定できる条件の種類

  1. SA(単回答)、MA(複数回答)の条件作成・設定
  2. 数量項目の条件作成・設定
  3. FA(自由回答)の条件作成・設定
  4. AND条件・OR条件を作成
  5. 条件を変更・削除する

条件ビルダーへ

機能説明へ戻る