BellCurve 統計WEB

シリーズ・予測と発見の科学統計的因果推論―回帰分析の新しい枠組み

2017/05/02

統計的因果推論―回帰分析の新しい枠組み (シリーズ・予測と発見の科学)

【難易度】中級レベル

【数学レベル】★★★★☆

価格(定価)3,740円

出版日2004年4月

出版社朝倉書店

著者: 宮川 雅巳

単行本: 178ページ

ISBN-10: 4254127812

ISBN-13: 978-4254127812

重回帰分析やロジスティック回帰分析など各種の分析手法において、偏回帰係数が因果効果とそのまま見なせると非常に分かりやすい。しかし、実際にはそのような解釈な解釈が許される場面は決して多くない。では、どのような場合に「偏回帰係数=因果効果」と見なせるだろうか。それに対する一つの回答を示しているものがこの書籍である。

本書では、setオペレータや有向非巡回グラフ(DAG)、バックドア基準、フロントドア基準などの解説を通して、重回帰分析と因果推論の関係について書かれている。
これらは回帰分析における変数選択やモデル選択の指針として使用することができ、読者に新たな知見をもたらすだろう。

閉じる

以下のリンクをクリックすると
各書店の購入ページヘ遷移します。

カテゴリー

タグ一覧


統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]


統計WEBを運営するBellCurveは、統計解析ソフト「エクセル統計」を開発・販売しています! 統計解析ソフト「エクセル統計」をインストール後のExcel上のタブとメニュー エクセル統計ジャケット画像


【BellCurve監修】統計検定®2級対策に最適な模擬問題集1~3を各500円(税込)にて販売中!

Kindleストアで配信中

統計検定®2級 模擬問題集1

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集2

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集3

500円(税込)


【PR】