BellCurve 統計WEB

ぜんぶ絵で見る医療統計

2017/09/01

ぜんぶ絵で見る医療統計〜身につく!  研究手法と分析力

【難易度】初学者レベル

【数学レベル】★☆☆☆☆

価格(定価)3,024円

出版日2017年3月

出版社羊土社

著者: 比江島 欣慎

単行本: 178ページ

ISBN-10: 4758118078

ISBN-13: 978-4758118071

言葉や数式だけでは何となくイメージしづらかった様々な統計用語や検定手法を、分かりやすい絵から視覚的に理解することができる本です。絵は可愛らしく、カラフルで、飽きずに読めます。一見絵本のような印象を受けますが、中身は医療統計で使う用語と手法の解説がギュッと詰め込まれています。

前半部は、大きな絵とともに重要な用語が説明されています。「ターゲット集団」や「全数調査」からはじまって「コホート研究」「ケースコントロール研究」など多岐にわたります。特に疫学の研究デザインについては、絵で見るほうが圧倒的に分かりやすいです(参照「第5章 疫学の研究デザイン」)

後半部は検定手法の解説です。どのような帰無仮説のもとで、どのような結果が得られると、どのような判断ができるのかということが書かれています。「プルプル病」という架空の(?)病をベースにしたストーリーに沿って進んでいくので理解しやすいです。この本で、各手法がどういう検定なのかを理解したあとは、他の書籍を併用して実際の計算方法についても学んでおくことで理解が深まります。

閉じる

以下のリンクをクリックすると
各書店の購入ページヘ遷移します。

カテゴリー

タグ一覧

大人のための統計教室 和(なごみ)

統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]