【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

秀吉Dplus | アンケート集計

単純集計(Grand Total)

SA(単回答)やMA(複数回答)では、各選択肢を選んだ人の件数(度数)や、その比率(パーセンテージ)を表したものです。NA(数量回答)では、自動的に階級値(数値の幅)を設定しその階級値に含まれる件数を表示します。

項目タイプ別単純集計の例

ここではサンプルファイル「賃貸住宅についてのアンケート」を使ってSA(単回答)、MA(複数回答)、NA(数量回答)の集計例を紹介します。

住宅種別:SA(単回答)の単純集計の例

SA(単回答)の単純集計の集計表とグラフ

設備:MA(複数回答)の単純集計の例

MA(複数回答)の単純集計グラフと集計表

家賃:NA(数量回答)の単純集計の例

数量項目の単純集計とヒストグラム

任意の項目を指定して集計する手順

  1. [アンケート集計]を起動して、[集計]の[単純集計]アイコンをクリックすると、単純集計の指定ダイアログが表示されます。
  2. [項目リスト]一覧表に設定した項目が表示されています。集計したい項目を選択して[>]ボタンをクリックします。[<]ボタンで項目を指定からはずすことができます。
  3. 項目をひとつずつ選択するだけでなく、全項目を一度に指定したり、項目のタイプごとに指定することもできます。

    単純集計指定画面

    ボタンの説明

    全項目設定したすべての項目を指定します。
    SASA項目のみ自動的に指定します。
    MAMA項目のみ自動的に指定します。
    SA・MASA(単回答)とMA項目のみ自動的に指定します。
    数量NA(数量回答)のみ自動的に指定します。
    リセット指定した項目をすべてリセットします。
  4. [登録集計]ボタンで、指定したすべての単純集計のグラフと集計表を出力します。
  5. [登録]ボタンで集計の登録だけを行い、あとでまとめて集計することもできます。

画面の説明

登録グループ現在作成している集計がツリーでどのグループに所属するか設定します。空で作成すると「単純集計(1)」と順次番号が振り分けられたグループが新規に作成されます。
グループ項目の表示チェックをつけると、ホームマネージャーにて作成したグループが表示されます。グループを作成していない場合は空白になります。
項目リスト集計できる項目が表示されます。中央のボタンでどれを集計するか右のリストへ選択します。
抽出条件条件ビルダーで作成した条件がある場合に選択できます。条件によって抽出されたデータで集計されます。
ウェイトデータに対して重みづけを行う場合に設定します。テーブルビルダでウェイト用のテーブルを作成して設定して下さい。詳しくは「母集団拡大集計(ウェイトバック集計)」をご覧下さい。

単純集計表プロパティ

集計表ビューを一度クリックして選択した状態で、右クリックの[集計プロパティ]を起動し、集計表のプロパティを変更することができます。

限定項目の集計で、[非該当を表示する]を選択すると、集計表の列に(除非不)が追加されます。

ランキングカテゴリの並びを度数の多いものからの降順することができる。
小数部桁数小数部分の桁数。0~3の範囲で指定。
限定項目の集計非該当データの集計結果を表示する or しない。項目に限定条件が設定されている場合。
不明データの表示文字の指定不明データの表示文字の指定。

アンケート集計目次

  1. アンケート集計のウィンドウ構成
  2. 単純集計
  3. クロス集計
  4. 度数分布比較
  5. 平均値比較
  6. 母集団拡大集計(ウェイトバック集計)
  7. Excelへ集計結果を出力する準備として
  8. 作成したグラフと集計表を表示するには
  9. グラフと集計表のスタイルの編集と出力
  10. 自動集計

アンケート集計へ戻る

機能説明へ戻る