【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

はじめての方限定!Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

はじめての方限定!Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

エクセル統計 搭載機能

フリードマン検定 : Friedman Test

概要

対応のある多群のデータにおいて個体差が非常に大きい場合や正規性に問題のあることが予想される場合、一元配置配置分散分析(対応あり)の適用は慎重である必要があります。 そのような場合にフリードマン検定を使用します。対立仮説は「水準間に差がある」です。対立仮説が支持された場合、Scheffe(シェッフェ)の方法による多重比較を行うことでどの水準間の差が有意か調べることができます。行列を入れ替えれば、個体差を検定することもできます。

また、ケンドールの一致係数Wも同時に出力されます。これは、評価者間の評価一致度の指標です。Wは0から1までの値をとり、1に近いほど一致度が高いということを意味します。フリードマン検定のカイ二乗値をデータの大きさで調整するとケンドールの一致係数になります。

分析例ファイルのダウンロード

フリードマン検定を使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_06_Nonparametric.xlsx

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

表形式

データサイズ範囲 処理対象データ
行数列数数値文字列空白
2~3,000行 2~250列 × ×

※:…処理可、×…処理不可、…欠損値として除く

※:水準が2列以上、及びデータが2行以上あること

出力内容

ケースの要約 有効ケース、不明ケース、全体の「サンプルサイズ」と「割合」
平均順位 各水準のデータに順位をつけた時の平均順位
フリードマン検定 各水準の平均順位に基づくカイ二乗検定の結果が出力されます。P値が0.05未満なら"*"、0.01未満なら"**"が出力されます。
ケンドールの一致係数 ケンドールの一致係数の結果が出力されます。複数の被験者に対する評価者の評価(順位)にどの程度相関があるかを見ることができます。
Scheffeの対比較 多重比較[Scheffe]にチェックを入れた場合、すべての水準の組み合わせについて平均順位差を検定した結果が出力されます。
エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


ノンパラメトリック検定 その他の手法

搭載機能一覧に戻る