【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

エクセル統計 搭載機能

Xbar-R管理図 : Xbar-R Chart

概要

長さや重さなどの計量値が1回の検査で複数得られる場合に用います。毎回の検査群ごとに平均値(Xbar)と範囲(Range)を求め、Xbar管理図とR管理図を同時に作成します。

検査のデータは、検査回数(行)×各回の検査データの個数(列)にまとめられている必要があります。

分析例ファイルのダウンロード

Xbar-R管理図を使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_10_ControlChart.xlsx

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

データベース形式

データサイズ範囲 処理対象データ
行数列数数値文字列空白
3~1,000行 2~10列 × ×

※:…処理可、×…処理不可、…欠損値として除く

出力内容

Xbar管理図 各群の「平均」、「中心線(CL)」、「上方管理限界(UCL)」、「下方管理限界(LCL)」の値
【グラフ】Xbar管理図 各群の「平均」、「中心線(CL)」、「上方管理限界(UCL)」、「下方管理限界(LCL)」を表す折れ線グラフ
R管理図 各群の「範囲(R)」、「中心線(CL)」、「上方管理限界(UCL)」、「下方管理限界(LCL)」の値
【グラフ】R管理図 各群の「範囲(R)」、「中心線(CL)」、「上方管理限界(UCL)」、「下方管理限界(LCL)」を表す折れ線グラフ
異常値 [管理限界線を超える群を排除する]をオンにした場合、管理限界線を超えるデータの「件数」とそれぞれの「データNo.」、「平均」、「範囲」が出力されます。
Xbar管理図
R管理図

参考文献

エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


管理図・ROC曲線 その他の手法

搭載機能一覧に戻る