【お知らせ】木曜日は、商品の出荷と電話でのお問い合わせを休止しています(2019/4/4)詳細

エクセル統計 搭載機能

散布図 - ラベル付き・層別 : Scatter Plot

概要

Excel の散布図作成機能を使用する場合、散布図上の個別の点に任意のラベルを付けるためには1点ごとにラベル情報を入力する必要があります。本製品を利用すれば、事前にラベル情報をワークシートに入力しておくだけで簡単にラベル付き散布図を作成することができます。散布図上の点とラベルは関連付けられているので、グラフのサイズを変更すると点の移動に合わせてラベルも移動します。特定のケースにのみラベルを付けたいなら、ラベル不要のケースについてはラベルデータを空白にします。

データを層別に分類する情報があれば、プロットされた点(マーカー)のスタイルを層別に変更することもできます。「層別データ」に変数を設定しない場合、元のデータと同じワークシート上に散布図を作成します。「層別データ」に変数を設定した場合、新規ワークシート上に散布図を作成します。

散布図は多変量解析の前にデータの特性を掴んでおくために使ったり、多変量解析の結果の解釈に用いたり、様々な場面で利用できます。

分析例ファイルのダウンロード

散布図 - ラベル付き・層別 を使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_11_Chart.xlsx

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

データベース形式

データサイズ範囲 処理対象データ
行数層のカテゴリー数数値文字列空白
ラベルデータ 2~10,000行
層別データ 2~10,000行 1~250カテゴリー
X軸データ
Y軸データ
2~10,000行 ×

※:…処理可、×…処理不可、…欠損値として除く

出力内容

ラベル付き層別散布図
エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


特殊なグラフ その他の手法

搭載機能一覧に戻る