エクセル統計 搭載機能

モザイク図 : Mosaic Plot

概要

クロス集計表からモザイク図を作成します。クロス集計表において各層の度数の合計が大きく異なる場合は、帯グラフよりもモザイク図が適しています。

モザイク図では、各層を縦棒の積み上げグラフとして表します。棒の高さはすべて等しくなりますが、横幅は各層の度数の合計に比例します。クロス集計表の各セルに対応した四角形の面積は、各セルの度数に比例した大きさになります。

分析例ファイルのダウンロード

モザイク図を使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_11_Chart.xlsx(194KB)

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

集計表形式

データサイズ範囲 処理対象データ
行数列数数値文字列空白
1~50行 1~50列 ※1

※:…処理可、×…処理不可、…0として処理

※1:負の数を含まないこと

出力内容

元データと同じワークシート上に出力します。また、モザイク図はExcel のグラフではなく、オブジェクトを用いて描いています。

グラフの右側の部分には、各系列の凡例と割合が表示されます。グラフのタイトルやラベル内容を編集する場合、グラフ上の該当箇所をクリックして作業ください。元データの表頭や表側のラベルを書き換えても、グラフ上のラベルの内容は変化しません。また同様に、ボックスの大きさやパーセントの表記も元データを書き換えても変化しません。

モザイク図
エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


特殊なグラフ その他の手法

搭載機能一覧に戻る