【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

エクセル統計 搭載機能

乱数の生成 : Random Number Generation

概要

C++の<random>ライブラリからメルセンヌ・ツイスタ<mt19937_64>による乱数を呼び出し、特定の確率分布に従う乱数を生成します。シードを指定して乱数を発生させることも可能です。

出力可能な確率分布

確率分布 数式 説明
標準一様分布 0から1までの実数値が出力されます。パラメーターの指定は必要ありません。
一様分布 aからbまでの実数値が出力されます。最小値aと最大値bの指定が必要です。
二項分布 0からaまでの整数値が出力されます。パラメーターaとパラメーターbの指定が必要です。
ポアソン分布 0から無限大までの整数値が出力されます。パラメーターaの指定が必要です。
標準正規分布 負の無限大から正の無限大までの実数値が出力されます。パラメーターの指定は必要ありません。
正規分布 負の無限大から正の無限大までの実数値が出力されます。パラメーターaとパラメーターbの指定が必要です。
指数分布 0から無限大までの実数値が出力されます。パラメーターaの指定が必要です。
幾何分布 1から無限大までの整数値が出力されます。パラメーターaの指定が必要です。
多変量正規分布 負の無限大から正の無限大までの実数値が出力されます。共分散行列の指定が必要です。

分析例ファイルのダウンロード

乱数の生成を使用する際のダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_12_Utility.xlsx

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

「多変量正規分布」以外の確率分布では、特定のデータを指定する必要はありません。「多変量正規分布」を選択した場合、共分散行列を指定する必要があります。

行列形式(多変量正規分布の場合のみ)

データサイズ範囲 処理対象データ
行数 列数 数値 文字列 空白
2~100行 2~100列 × ×

出力可能な乱数の行数と列数の上限は次の通りです。

出力可能なデータサイズ

  • 行数1~60,000行
  • 列数1~100列

出力内容

設定項目 ダイアログ上で設定した内容(確率分布の種類やパラメーター、出力する乱数の行数と列数、シード)が出力されます。
平均と分散の理論値 指定した確率分布の平均値と分散の理論値が出力されます。
記述統計量 生成した乱数について各列ごとの平均値と分散が出力されます。
生成した乱数 ダイアログ上で指定した「生成する乱数の数」×「生成する列数」個の乱数が出力されます。
エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


ユーティリティ その他の手法

搭載機能一覧に戻る