【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

【エクセル統計 ダウンロード版】Amazonギフト券プレゼントキャンペーン画像

エクセル統計 搭載機能

データ変換 : Data Conversion

概要

各変数のデータについて、データ変換を行います。データ変換には次の14種類があります。

変換の種類

変換の種類 数式 説明
標準得点/z得点 mは平均値、sは標準偏差を表しています。標準得点の平均値は0、標準偏差は1になります。
偏差値/Z得点 mは平均値、sは標準偏差を表しています。Z値の平均値は50、標準偏差は10になります。
偏差値/T得点 pr(x)はxのパーセンタイル順位、m'とs'はpr(x)の平均値と標準偏差です。T値は平均値50、標準偏差10の正規分布に従います。
一次関数変換 パラメータaとbを指定してください。
逆数変換 0による割り算を避けたい場合はパラメータaを指定してください。
累乗変換 パラメータaを指定してください。
累乗根変換 パラメータaを指定してください。
対数変換 底aを指定してください。自然対数の場合は「e」とします。また、log(0)を避けたい場合はパラメータbを指定してください。
指数変換 パラメータaを指定してください。自然対数の底の場合は「e」とします。
ロジット変換 比率xのオッズの自然対数です。
プロビット変換 標準正規分布の累積確率密度がxとなるようなx'へ変換します。
角変換 比率xの分布を正規分布に近付けます。比率xが0や1に近いときは分散が小さいですが、変換により分散を安定化します。
ボックス=コックス変換 パラメーターaを指定してください。データの分布を正規分布に近付けるための変換です。
パーセンタイル順位 xの相対的な順位を0から1の間の値で表します。最小値は0、最大値は1に変換されます。

※:標準偏差の値は、データ構成に合わせて[標本]の場合は不偏推定値を、[母集団全体]の場合は母数を用います。

分析例ファイルのダウンロード

データ変換を使用する際のデータの形式やダイアログの指定方法、出力結果などを以下のExcelファイルからご確認いただけます。ダウンロードしてご参照ください。この分析例ファイルは、製品をご購入された場合にも自動でインストールされます。

 ex_12_Utility.xlsx

なお、エクセル統計の無料体験版では、分析例ファイルのデータを実際に分析してみることができます。

 無料体験版ダウンロード

処理対象データ

データサイズ範囲 処理対象データ
行数列数数値文字列空白
3~60,000行 1~250列

※:…処理可、×…処理不可、…欠損値として除く

出力内容

基本統計量 各変数の「サンプルサイズ」、「平均値」、「不偏分散/分散」、「標準偏差」
変換の種類 ダイアログで設定した「変換の種類」と「パラメーターの値」
変換後の基本統計量 各変数のデータ変換を行った後の「サンプルサイズ」、「平均値」、「不偏分散/分散」、「標準偏差」
変換の結果 各変数のデータ変換を行った結果
エクセル統計を使えば、Excelのデータをそのまま簡単に統計解析できます。


ユーティリティ その他の手法

搭載機能一覧に戻る