※当面の間木曜日の商品出荷は休止させていただきます。2019/4/4 数量をSAへ変換 | テーブルビルダー | アンケート集計ソフト秀吉Dplus

秀吉Dplus | テーブルビルダー

数量をSA(単回答)へ変換

数量のカテゴリ化に使用します。数量とSA(単回答)をクロスして新しい項目を作成しようとする場合、数量そのままではクロスできないので、数量を先にSA(単回答)へ変換してから、変換後のSA(単回答)を使ってクロスします。

手順概要

  1. 既存の秀吉Dplusファイルを開きます
  2. メニューアイコンからテービルビルダーを開きます
  3. 作成方法から「数量をSAへ変換」を選択します
  4. 数量項目を選択して変換値を設定します
  5. テーブル変換後の例

手順1 既存の秀吉Dplusファイルを開く

手順2 メニューアイコンからテービルビルダーを開く

秀吉Dplusを起動して、メニューアイコン「テーブルビルダー」テービルビルダーアイコンを選択するか、メニューバーの「ビルダー」から「テーブル」を選択します。

手順3 作成方法から「数量をSAへ変換」を選択する

項目リストに変換対象の数量項目が表示されます。

手順4 数量項目を選択して変換値を設定します

[カテゴリ名]のセルには、変換後のSAとしてのカテゴリ名を設定します。[下限値]のセルは各カテゴリの下限値(そのカテゴリの中で一番小さい数値)を設定します。下限値はカテゴリ順に昇順に設定されている必要があります。

変換後の各カテゴリは、下限値と上限値(次のカテゴリの下限値:最終カテゴリでは無限大)という対応が割り付けられます。

手順5 テーブル変換後の例

新しいSAができています。

その他テーブルの種類

  1. SAのカテゴリ統合
  2. SAをMAへ変換(複数の2択SAをMAへ)
  3. SAをMAへ変換(SA積み上げ→MA)
  4. SAを数量へ変換
  5. 数量をSAへ変換
  6. MAのカテゴリ統合AND条件
  7. MAのカテゴリ統合OR条件
  8. FAをSAへ変換
  9. FAをMAへ変換
  10. 項目の結合
  11. 項目のクロス
  12. ウェイト1次
  13. ウェイト2次
  14. 母集団サイズ(1次元)
  15. 母集団サイズ(2次元)

テーブルビルダーへ

機能説明へ戻る