※当面の間木曜日の商品出荷は休止させていただきます。2019/4/4 母集団サイズ(1次元) | テーブルビルダー | アンケート集計ソフト秀吉Dplus

秀吉Dplus | テーブルビルダー

母集団サイズ(1次元)

アンケートを行った場合、年代や住んでいる地域などで層(グループ)を作り、その層別に各データを整理します。その層毎のサンプルサイズを母集団に合わせて調整する集計方法を母集団拡大集計(ウェイトバック集計)といいます。

母集団拡大集計(ウェイトバック集計)について

たとえば各年代の割合が同じ集団に、アンケートをとったら下のような結果になったとします。

年代サンプルサイズ(データ件数)
20代120
30代40
40代120
50代120

上のようなデータの場合、30代の割合を調整する必要があります。そこでこの「母集団指定(1次元)」では母集団サイズを指定して、自動でウェイトを計算した項目を作成します。

母集団サイズ(1次元)作成の手順

ここからは「顧客データ」というファイルのSA項目「性別」に対してウェイトテーブルを作ります。実際の会員のデータに比べて、アンケートの結果が女性より男性が多かったので半々になるウェイトを設定します。

  1. テーブルビルダーを開きます。
  2. 作成方法で「母集団指定(1次元)」を選択すると、項目リストに変換できるSA項目が表示されます。

  3. 項目リストで変換するSAを選択します。

  4. 選択項目の変換値には母集団サイズをそのまま入力します。この項目のサンプルサイズ、母集団数は以下のようになっています。
    性別サンプルサイズ(データ件数)母集団
    男性31250
    女性19250
    フォームには上の母集団数をそのまま入力します。

    ウェイトは自動で計算されます。ウェイトの式は以下のようになります。

  5. [OK]ボタンを押して、新規テーブルを作成します。テーブル定義で変換された項目が、自動で作成されます。変換された項目のデータはただのウェイトなので、通常の項目として集計などには使用しません。

母集団拡大集計(ウェイトバック集計)を行う

上の図は単純集計表で母集団指定1次を使っていますが、「単純集計」度数分布表」「平均値比較」といった他の集計でも母集団指定1次の項目を設定できます。

母集団拡大集計(ウェイトバック集計)をしていない集計

以下の図が母集団拡大集計(ウェイトバック集計)をしていない「性別」の集計です

母集団拡大集計(ウェイトバック集計)を行った集計

母集団拡大集計(ウェイトバック集計)を行ったものが以下の図です。男性と女性の割合に偏りがあったものが、はっきりと二等分されます。

その他テーブルの種類

  1. SAのカテゴリ統合
  2. SAをMAへ変換(複数の2択SAをMAへ)
  3. SAをMAへ変換(SA積み上げ→MA)
  4. SAを数量へ変換
  5. 数量をSAへ変換
  6. MAのカテゴリ統合AND条件
  7. MAのカテゴリ統合OR条件
  8. FAをSAへ変換
  9. FAをMAへ変換
  10. 項目の結合
  11. 項目のクロス
  12. ウェイト1次
  13. ウェイト2次
  14. 母集団サイズ(1次元)
  15. 母集団サイズ(2次元)

テーブルビルダーへ

機能説明へ戻る