※当面の間木曜日の商品出荷は休止させていただきます。2019/4/4 MAのカテゴリ統合(AND) | テーブルビルダー | アンケート集計ソフト秀吉Dplus

秀吉Dplus | テーブルビルダー

MA(複数回答)のカテゴリ統合(AND)

MAのカテゴリを統合します。2つのカテゴリを対象にした場合、両方を選択している回答だけが変換されます。

手順1 加工したいファイルを開く

手順2 テービルビルダーを開く

秀吉Dplusを起動して、メニューアイコン「テーブルビルダー」テービルビルダーアイコンを選択するか、メニューバーの「ビルダー」から「テーブル」を選択します。

手順3 MAのカテゴリ統合(AND条件)を選択

作成方法のドロップダウンから「MAのカテゴリ統合(AND条件)」を選択すると「項目リスト」に変換できる項目が表示されます。

テービルビルダー

作成するテーブル名を入力します。

項目リストとカテゴリ名が表示される

※AND条件もOR条件も手順は同じです。

手順4 カテゴリ名・変換値を編集する

同じ変換値のものが変換後に同じカテゴリにまとめられます。

ここでは
  1. 阿佐ヶ谷と高円寺を 1.杉並区に統合
  2. 中野 はカテゴリ名のみ2.中野区に変更
  3. 大久保と新宿を 3.新宿区
に変換します。

項目リストとカテゴリ名が表示される

※変換後のカテゴリ名は一番上のカテゴリ名のものが使われます。

手順5 MAのカテゴリ統合をした項目の例

テーブル定義で変換された項目が、自動で作成されます。また「テーブル」フォルダの下にも今回作成したテーブルが作られています。

ホームマネージャで確認

同じMAをAND条件とOR条件でカテゴリ統合をした結果をセルシートで確認すると次のようになっています。

AND条件とOR条件の結果をセルシートで確認

サンプルナンバー(No.)42、43のデータの違いを見ると、AND条件とOR条件の違いが分かりやすいかと思います。

AND条件では

元のMA項目「好きな町」で「1.阿佐ヶ谷」と「2.高円寺」を選択した回答者(サンプルナンバー42の例)は、AND条件で変換後「1.杉並区」を選択したことになります。同様に「4.大久保」と「5.新宿」を選択していれば「3.新宿区」になります。

元のMA項目「好きな町」で「1.阿佐ヶ谷」と「2.高円寺」のうち「2.高円寺」しか選択していない回答者(サンプルナンバー43の例)は、AND条件で変換後はカテゴリ「1.杉並区」を選択していないことになります。

OR条件では

「1.阿佐ヶ谷」もしくは「2.高円寺」が選択されていれば(サンプルナンバー42、43の例)、「1.杉並区」に変換されます。AND条件とは異なり、2つのうちどちらかが選択されていれば、「1.杉並区」に変換されます。

どちらの条件でも「3.中野」は条件が一つだけなので、「3」が選択されていれば「2.中野区」が変換後の項目でも選択されています。

その他テーブルの種類

  1. SAのカテゴリ統合
  2. SAをMAへ変換(複数の2択SAをMAへ)
  3. SAをMAへ変換(SA積み上げ→MA)
  4. SAを数量へ変換
  5. 数量をSAへ変換
  6. MAのカテゴリ統合AND条件
  7. MAのカテゴリ統合OR条件
  8. FAをSAへ変換
  9. FAをMAへ変換
  10. 項目の結合
  11. 項目のクロス
  12. ウェイト1次
  13. ウェイト2次
  14. 母集団サイズ(1次元)
  15. 母集団サイズ(2次元)

テーブルビルダーへ

機能説明へ戻る