秀吉Dplus Ver.2011

追加された機能:ホームマネージャー

該当/非該当に分類するSA項目の作成

「条件」で作成された内容から、該当/非該当に分類されるSAとデータを生成することができるようになりました。条件を作成して「該当/非該当に分類するSA項目を作成する」にチェックを入れると、その内容に対応した該当/非該当のSAを瞬時に作成することができます。この項目をクロス集計に使用すれば、1つの条件における該当者と非該当者のデータの比較がかんたんにできます。

項目プロパティに情報を追加

内容 SA MA 数量 FA
質問文(実際に調査票に記載される文章)
尺度情報 ※1.名義尺度※2.順序尺度      
階級設定 ※3.等分階級※4.等間隔階級      

「度数分布比較」で「分類」の指定

※1「名義尺度」とは

性別や血液型、車のナンバーなど他と区別するためだけの意味を持つ名前や数のことです。量的関係の情報は含みません。設定された尺度情報は、クイック統計の度数分布で使用されます(名義尺度→円グラフ)

※2「順序尺度」とは

名義尺度の性質に加えて、順序または大小関係の意味を持つ尺度です。例えば、あるサービスの満足度を「不満」a点、「どちらともいえない」をb点、「満足」をc点としたとき、a>b>cという大小関係はあるものの、a-b=b-cということは意味しません。中央値を定義することはできるが、平均値を定義することはできません。設定された尺度情報は、クイック統計の度数分布で使用されます(順序尺度→帯グラフ)

※3「等分階級」とは

2〜10階級までの階級値を、登録済みのデータから指定された階級数に対応したパーセンタイルを元に設定する方法です。

※4「等間隔階級」とは

指定した数値で等間隔に最小値から最大値までの範囲を設定する方法です。

項目テンプレートの追加

都道府県、性別、JIS規格といったよく使用される項目は、その都度項目を作成する必要がありましたが、本バージョンでは、あらかじめ用意されたテンプレートの中から項目またはカテゴリを引用することが可能になります。また、テンプレートに登録されている項目を「項目名」「カテゴリ名」「階級値」「質問文」の内容から指定したキーワードで検索することも可能となっています。

項目テンプレート

このページの動画を表示するには、Flash Playerが必要です。Flash Playerがインストールされていない場合は下記のURLからダウンロードしてください。→Adobe Flash Playerダウンロード

Excelシートからのインポート/エクスポート機能の追加

秀吉Dplusで作成したWDFファイルの項目とデータを、XLS形式(Excel)のファイルにエクスポートすることができます。さらに、エクスポートされたXLS形式(Excel)のファイルから項目とデータを秀吉Dplusにインポートすることができます。

詳しい手順はこちらから→Excelシートからのインポート/エクスポート

エクスポート画面

エクスポート画面

インポート画面

インポート画面

条件抽出したデータを外部ファイル(CSV、テキストタブ区切り形式)に保存

セルウィンドウで<抽出条件>を指定し該当するデータのみを表示した際に、該当データのみを外部ファイル(CSV、テキストタブ区切り形式)に出力することが可能になりました。

数量項目の少数部桁数、FAの最大文字数の初期値が設定可能に

新規に数量項目を作成した場合、自動的に少数部桁数「0」に設定されていましたが、初期値として任意の桁数を設定することが可能になりました。また、FAでは新規作成時に自動的に最大文字数が「250」(最大値は2000)に設定されていましたが、初期値として指定した最大文字数を設定できるようになりました。

追加された機能:アンケート集計

「度数分布比較」で「分類」の指定が可能に

アンケート集計の「度数分布比較」を実行する際、従来は「分類」の指定による細かな集計指定ができませんでした。本バージョンでは「分類」の指定を新たに追加し、指定した分類項目のカテゴリ単位で度数分布のの出力が可能になり、より細かな集計が可能です。

「度数分布比較」で「分類」の指定

集計結果のExcelへの出力機能を強化、Excel2010の64ビット版にも対応

アンケート集計の結果をExcelへ出力する機能を強化。Excel2003、Excel2007、Excel2010への出力がさらにスムーズになりました。Excel2010は、32ビット版だけでなく64ビット版にも本バージョンから対応しました。

※本製品の仕様および価格や内容について予告なく変更する場合があります。