【お知らせ】感染症対策に伴うBellCurveの業務状況について 詳細

秀吉Dplus | 式ビルダー

四則演算を使う

次の記号を四則演算の演算子に使用します。

利用できる演算子

+(足す)
-(引く)
×(掛ける)
÷(割る)

これらの記号は、デスクトップPC用キーボードでは、テンキー(数字キー)とともに配置されています。すべて半角文字を使用してください。

ここでは、人口密度を求める式を作成します。以降の例で使用する式は、サンプルファイルの「都道府県の統計」フォルダにある都道府県データファイルに登録されています。ご参照ください。

式を利用して新しい項目を作成する

  1. [ホーム]タブの[式の作成]をクリックして[式ビルダー]を開きます。
  2. [項目選択]リストから式の元になる項目をクリックして選択します。
  3. 選択した項目が[式]ボックスに表示されます。この例では、人口密度の元となる「人口」を選択します。

[式]ボックスの表示

[式]ボックスには項目名ではなく、[項目7]などのように略号で表示されます。これは「+」などの演算子が項目名に含まれていると、演算子と項目名の判別がつかないために、プログラム内部の略号を使用しているからです。

  1. [四則演算]のいずれかの演算子ボタンをクリックし、次の項目をクリックして選択します。この例では、[四則演算]
  2. の[/](除算)をクリックして[項目選択]リストから「面積」を選択します。選択した項目と演算子による式が[式]ボックスに表示されます。

    式を設定する画面

  3. 式の名前を入力します。この例では「人口密度」と入力します。
  4. [OK]ボタンで決定します。
  5. ツリービューに[人口密度]という項目が作成されました。他の項目と同様に集計に利用できます。

式を利用して作成した人口密度の項目

人口密度という項目

地方別人口密度の集計の例

地方別人口密度の集計の例

演算に階級値を使用する

ホームマネージャーのツリーから作成した式を、右クリックし、メニューの「演算に階級値を使用する」にチェックをいれて、計算に階級値を使用することも可能です。ただし、四則演算の加算(+)と減算(-)のみにかぎります。
初期設定では選択肢番号にて計算が行われます。

式ビルダーで利用できる計算

  1. 四則演算を使う
  2. 関数を使う

式ビルダーへ

機能説明へ戻る