BellCurve 統計WEB

  • 15. いろいろな確率分布3

練習問題(15. いろいろな確率分布3)

1

確率変数Xが指数分布Ex(4)に従うとき、期待値E(X)を求めよ。

答えを見る

答え閉じる閉じる

指数分布の期待値の公式より、E(X)= \displaystyle \frac{1}{\lambda}=\displaystyle \frac{1}{4}と求められます。

2

エクセル統計開発者のKさんのもとには、日々たくさんのお問い合わせメールが届く。お問い合わせメールに対する返信メールの作成時間は1通あたり平均15分の指数分布に従うと仮定できる場合、

  1. 作成時間が30分以上となる確率を求めよ。
  2. また、作成時間が5分以上10分以下となる確率を求めよ。

答えを見る

答え閉じる閉じる

まず\lambdaを求めます。指数分布の期待値の公式より、E(X)= \displaystyle \frac{1}{\lambda}=15なので、\lambda= \displaystyle \frac{1}{15}と求められます。

1:指数分布の累積分布関数はF(x)=1-e^{- \lambda x}(ただしx \geq 0)です。求める確率は「メールの作成時間が30分以下となる確率」の余事象です。したがって、次のように計算できます。

 \displaystyle F(x)=1- \left\{1-e^{- \lambda x} \right\}=1- \left\{1-e^{- \frac{1}{15} \times  30} \right\}=0.135

2:返信メールの作成時間が5分以下となる確率は次のように求められます。

 \displaystyle F(x)=1-e^{- \lambda x}=1-e^{- \frac{1}{15} \times 5}=0.283

同様に、10分以下となる確率は次のように求められます。

 \displaystyle F(x)=1-e^{- \lambda x}=1-e^{- \frac{1}{15} \times 10}=0.487

求める確率は5分以上10分以下となる確率です。これは「10分以下となる確率」から「5分以下となる確率」を引いたものです。したがって、0.487-0.283=0.204となります。

3

確率変数XX=1,2,3,4,5,6,7,8)が離散一様分布に従うとき、期待値E(X)を求めよ。

答えを見る

答え閉じる閉じる

離散一様分布の期待値の公式より、

 \displaystyle E(X)= \frac{8+1}{2}= 4.5

と求められます。なお、離散一様分布はN面のさいころの出目と考えることも出来ます。この問題の場合、8面さいころの出る目の期待値と一致します。

4

確率変数XX=1,2,3,4,5,6,7,8)が離散一様分布に従うとき、分散V(X)を求めよ。

答えを見る

答え閉じる閉じる

離散一様分布の分散の公式より、

 \displaystyle E(X)= \frac{8^2 -1}{12}= \frac{21}{4}=5.25

と求められます。

5

3以上11以下の範囲で乱数を10,000個作成したとき、その中で5以下、もしくは8以上の値をとる確率はいくらか。

答えを見る

答え閉じる閉じる

連続一様分布の分散の公式より、次のように計算できます。

 \displaystyle F(x)=P(3 \leq X \leq 5)+P(8 \leq X \leq 11)= \frac{5-3}{11-3} + \frac{11-8}{11-3} = \frac{2}{8} + \frac{3}{8} =  \frac{5}{8}

15. いろいろな確率分布3